« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月22日 (月)

No.363 第65回全大阪オープン珠算選手権大会並びに平成23年度全大阪珠算選手権大会チャレンジャーズ・ステージが開催される at O.C.C.I.

Ca390386 Ca390387 Ca390388 8月21日、大阪商工会議所で、第65回全大阪オープン珠算選手権大会並びに平成23年度全大阪珠算選手権大会チャレンジャーズ ステージが開催された。大阪商工会議所と一般社団法人大阪珠算協会の共催で、午前9時から午後5時までの丸一日を使う競技大会であった。全大阪大会は150名、チャレンジャーズ ステージには139名の選手が参加、合計289名の熱い戦いであった。参加選手の活動エリアは18都道府県に及んだ。

640img_3875 640img_4125 640img_4126 全大阪大会団体総合競技は早稲田大学が優勝(3連覇)。個人総合競技は松田沙也香(早稲田大学)選手が初優勝を飾った。優勝チームの早稲田大学メンバー(松田・堀内・金子)は全員女性のチームで、磨き上げられた技術力はもとよりであるが、人間としてのクオリティの高さとさわやか感が、多くの観衆を魅了するものであった。

640img_4225 640img_4595 640img_4487 この大会が、日本のトップ級選手が鎬を削る場であるとともに、次代を担う若い選手たちの登竜門としての役割を演じられるように、次年度の大会運営にも意を用いたいと考えている。当日の各種成績の詳細は、大阪珠算協会のHPを参照いただきたい。

640img_4600 640img_3734 640img_3881 今回のチャレンジャーズ ステージの競技場面はビデオフィルムに録画されたが、TVCMフィルムに編集の上10月から3月までテレビスポットとして継続して放映される。大阪珠算協会の23年度PR事業の一環である。また、大阪日日新聞社の取材を受けたが、朝刊紙上で報道記事として掲載される予定である。

■午後の式典冒頭では、主催団体代表として森友会長から挨拶を行った。
あいさつのサマリーは下記の通りである。
①参加289名の選手各位への感謝
②引率の先生方、大会を運営した全大阪委員会委員、当日協力いただいた先生方への謝意
③昨今のコンピュータ普及と教科書のデジタル化などにより利便性とスピードが最優先され、機械に頼り切る傾向が更に強まってきた。その結果、子供たちの思考力・創造力が減退し、学力までもが低下してきた。
④幸い、珠算学習者が大幅に増加してきたが、その理由は、珠算学習が学力向上と学習意欲の強化に有効であることが明らかになってきたからである。
⑤6年生の作文、「珠算の上達には時間がかかる。しかし、かかる時間の長さが大事だと思う・・・」には、全く同感である。
⑥今や、世界の人たちが、東洋の優れた異文化「珠算」を高く評価し、初等教育の中に珠算学習を組み込む国が増えてきた。珠算学習で得られる圧倒的な計算力が世界の教育者を納得させたからである。
⑦選手諸君は、珠算学習を通じて、計算力向上とともに、将来のリーダとして不可欠の思考力、全体を見渡す力とともに、決断力を養っていただきたい。
最後に、記録更新を目指して、死力を尽くしてほしい・・・と、あいさつを締めくくった。

■毎年感じることであるが、参加選手たちの技術力の高さとともに、人間としての成長度の大きさを強く感じた。珠算が、珠算道としての完成度を高めてきていることが基盤にあるのかもしれない。大会運営は、本年もスムーズに行われ、特に、観客サイドに配慮を加えて、スピード感豊かで鮮やかな展開であったと評価したい。関係各位のご努力に敬意を表したい。
*写真は、内田情報担当理事の撮影したものを使用した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 2日 (火)

No.362 大珠協70周年記念座談 開催される at O.C.C.I.

Ca390232 Ca390236 Ca390231 7月30日(土)、(一・社)大阪珠算協会は70周年記念事業の一つとして、座談(ミニシンポジューム)を開催した。テーマは、「近未来の珠算教育を考える」~ICT化と珠算教育~、であった。出席は、(株)雲州堂日野社長、(株)グリンフィールドシステム開発部IT企画室二石マネージャー、大阪珠算協会金本全大阪大会委員長、小学館edu 木村編集長の四名で、コーディネーターは大阪珠算協会森友会長が務めた。

■上記メンバーでの座談は1時半から4時までで、大阪珠算協会西・益田両副会長、志賀・馬場・西川・法橋・西川・上山6常務理事は陪席し、終了後、座談内容を踏まえて意見の交換を行った。

Img_0919 Img_0933 Img_0946 Img_0948 Img_0950 Img_0940 本企画の趣旨は次の通りであった。
「珠算教育界は、長い歴史を持つ珠算技術の継承と珠算指導を通じて子供たちの基礎学力構築に貢献するという二つの使命を果たすために努力と工夫を積み重ねてきた。
一方、社会におけるICT化の進展は目覚ましく、教育界でも教科書のデジタル化などICTへの関心を強めている。
珠算界では、珠算指導と塾経営の両面において近代化を推し進めながら、これら社会が求める流れにも対応していく必要がある。今や時代のニーズでもあるICT化の流れの中で、珠算界がいかにその使命を果たして行くのか、今後の方策と覚悟のほどが問われている。
当協会70周年を記念して、珠算教育界の近代化実現という課題に対して、いろんな角度からアイディアと提言を受け、課題解決のための道筋をつけるために、本座談を企画した。」

Img_0947 Img_0941 Img_0940_2 Img_0952 Img_0953 Img_0954 討論のトピックスとしては次の項目を用意した。
①珠算教育の効果を最大化するために必要な改革
②珠算界の不思議な部分、変えなければならない部分、遅れている部分、欠けている部分
③珠算界が飛躍する可能性
④珠算人(界)と外界とのコラボレーションの可能性
⑤珠算学習の最大のメリットは

■発言の中で注目すべき点は下記の通りであった。
①指導者の社会的レベルを高める努力がいる
②珠算界は閉じられた社会である・・対策が必要
③指導者の指導レベルに大きなばらつきが目立つ・・対応が必要
④そろばんはもはや計算の用具ではなく、子供を成長させるツールである
⑤珠算学習の最大のメリットは成就感(達成感)と挫折感(悔しさ)を共に体感できることである
⑥指導力up➡子供の能力up➡社会の認知へとつながっていく
⑦情報伝達(PR)はマスメディアだけでは無理で、理解者(シンパ)を作り(拠点を作り)、その輪を広げていくことが大事
⑧電子黒板用そろばんソフトを世界中の1~2年生用に英訳し、数の原理を理解させるツールとして紹介したい
⑨ICTは導入から初級までに使用し、中・上級者は、マンパワーで指導するのが最適
⑩i Pad で、計算途中の誤算発見(運指・運珠も含めて)を可能にするソフトを開発し、同時に、誤算理由も明らかにしたい
⑪ICTで生徒管理を行い、生徒たちの成長過程を明確にすることも必要
⑫珠算学習のハードルは、親にとっては意外に高い。対応が急がれる
⑬珠算学習は脳を鍛えるツールであることを強力にアピールすべきである
⑭珠算界には公開授業がないが、検討課題である。
⑮関心の強い親子向けの公開特別授業の開設が効果的。珠算学習の理解者を生み出していくことになる
⑯珠算学習の独自性も大切で、学校教育のカリキュラムとの脈絡をあまり意識しないでよい
⑰プリ具第8弾テーマはそろばんであるが、そろばんの珠3桁をカラー(黄・緑・紺)にしたことがイメージ戦略につながり、効果を生じた
⑱椅子の用意されていない競技会があっても良いのではないか。全てにおいて、枠をはめすぎているきらいがある。学習目的がクリアであれば、変化をつけても大丈夫

■その他、たくさんの提言やアドバイスが得られた。画一化、閉鎖社会化などの弊害に気付き、情報の公開に意を用いることが大事である、そして異業種間の交流に心掛け、時代の変化に対応できる組織に変化していくことが大切であるということでも認識を共有した。また、珠算教育の将来性については、工夫と英知を加えれば、進展の可能性は大きいとも感じた。議論を尽くすには、時間が十分ではなかったが、変革の端緒を見つけることはできたと感謝している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

No.361 大珠協指導者講習会開催される at O.C.C.I.

640img_2935 640img_3053 640img_2911640img_2936 640img_3055 640img_3057 640img_3106 640img_2919 640img_2940 7月31日、(一・社)大阪珠算協会主催23年度指導者講習会初日を迎えた。第二日目は9月25日、最終日は12月18日である。参加申込者は、全国各地からの314名である。今回は、大珠協70周年記念企画で、ユニークで豪華な講座内容をラインナップしたために、予想を上回る申込者数となった。

■初日は、大阪商工会議所7・8階の国際会議場を会場とした。場外ロビーでは、(株)雲州堂が開発した「ICT教育用デジタル教材 わかりやすい小学校そろばん 3・4年生用」を電子黒板で運用するデモを行い、同ソフトの展示即売を行った。隣のブースでは、(株)グリンフィールド社が、各種教材用ソフトをセットにしたPCの販売を行った。

640img_2926_2 640img_3056 640img_3060 近年、各塾では、ITやICTに関心を深めていて、PCの導入数は急増してきた。また、各種の指導ソフトの使用例も増え、授業のある種近代化が進行してきた。両ブースでは、休憩時間を利用してプレゼンが行われ、聴講者の関心も大きいものがあった。

■今回から、受講者の受付手順とシステムを変えた。従来は、委員が横並びになり、手作業で出欠のチェックを行い、三日目は、修了証の発行手続きなどに相当量の時間を費やしていた。今回からは、事前送付のはがきにバーコードを印刷し、持参された同はがきでPC受付を行った。最終日までPCを通じてデジタル処理を行い、事務作業時間の短縮を図ることにした。初日は、受付システムがスムーズに稼働し、長い講習会事業の展開に変革を実現できた。

Ca390237 Ca390231 Ca390232 Ca390234 Ca390236 Ca390238 講座は、第1講座・・「珠算指導事例チップス集の内容とその活用法」~塾での珠算指導活性化の工夫~➡講師・金本和祐氏(大珠協)。第2講座は、「電子黒板とそろばん指導ソフトの使い方」~算数とそろばんの架け橋➡講師・日野和輝氏(雲州堂社長)+高岩俊秀氏(サクラクレパス)

■珠算指導を通じて、子供たちの計算力強化を図ることはもちろんのことであるが、そろばん学習でたくさんのその他メリットがえられることは、親子ともに期待するところとなってきた。珠算指導者としては、そろばん指導を通じて、子供たちの人間作りを目指すのだという自覚と覚悟が必要となった。このことを実現させるためには、指導者の指導力向上と、指導者の教育者としての資質向上をも併せて実現させなければならない。

■このような意味で、初講、二講目ともに、受講者にいろんなヒントやアドバイスを与えたことと思われる。6コマの講座を受講することで、塾での指導内容に変化が現れることを期待したい。なお、初日に限ってであるが、教養委員会の女性は全員が浴衣を着用し、真夏の参加者に涼感を感じさせた。浴衣がけのスタッフが、パソコンで受け付け業務をスムーズにこなす様子は、珠算界の新しい姿にも見えた。
*写真は情報企画担当内田理事の撮影したものを多用した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »