« No.316 珠算指導チップス集編纂第1回委員会開催される at O.A.A. | トップページ | No.318 日本珠算連盟 22年度第1回総会開催される at Tokyo Forum »

2010年9月21日 (火)

No.317 22年度役員、ブロック長 懇談会開催される at O.C.C.I.

640img_0573 640img_0574 640img_0575 640img_0576 640img_0577 640img_0578 9月11日、22年度役員+ブロック長懇談会が大阪商工会議所5階502号会議室で開催された。役員サイドは、森友会長以下25名、ブロック長は10名がそれぞれ参加した。今回のテーマは、「半年間の経過報告及び今後について」であった。

■たくさんの意見が出た中で今後の協会運営に生かしていきたい発言がいくつかあった。
①各種検定試験が実施されているが、全部ペーパー試験である。デジタル化が急速に進行しているので、検定試験のデジタル化(web 検定)を検討すべきである。
②統一したフォームで、各塾のHPを作成し協会のHPで公開したい。相互をリンクさせて有効に活用させたい。
③新しい塾看板を作成して斡旋したい。デザインの希望を聞かせてほしい。
④今年度の表彰式典では、生徒一人一人の表彰中に顔写真と一口コメントをプロジェクターで大写しにしたい。協力をお願いしたい。
⑤次年度の講習会では新しい形式の講座を設けたい。
⑥1号部の競技会を活性化させたい。
⑦各理事のブロック長会訪問を積極的に行うことで、事業展開をスムーズにしていきたい。
⑧健康管理のためにドック検診をもっと受検してほしい。
⑨会計ソフトの導入がしっかり軌道に乗り、事務局の業務軽減に役立ってきた。
⑩協会の事業仕訳を考えてみるべきではないか。
⑪ブロック制を推進しているが、池田・豊中については再検討が必要と考えている。
⑫サポートバンクの設置と運営を急ぎたい。システム細部の整備を早急に行ってほしい。
⑬複数塾の制度を早急に完備して、全塾の登録を実現させてほしい。
⑭レディーススタディ開催後のまとめを作成して、各ブロックに配布してほしい。
⑮ブロック単独でPR活動を行っているが、これらに対する本部のサポートは難しいか。
⑯備品台帳の整備を行い、決算時には明細を明記してほしい。
⑰事務局体制の強化を早期に実現させてほしい。

640img_0579 640img_0580 640img_0581 640img_0582 640img_0583 640img_0584 役員会とブロック長会はそれぞれが頻度の高い議論を積み重ねてきた。また、相互の意見交換や情報の交換も定期的に行っていて、昨今の協会運営はスムーズに行われている。しかし、年1回の懇談会を開催すれば、上記のように多くの意見や提案が出され、それらの中には貴重なヒントや施策につながる情報がたくさん含まれていることに気が付く。協会運営の近代化、事業の活性化、会員への還元の強化にもっと意を用いて、会員各位の会員であることの満足感を高めていく努力を強めなければならない。

■今回も、多岐にわたる助言や提言を受けて、協会経営の中長期展開にまで生かしていきたいと実感した、内容の濃いミーティングであった。
*写真は、情報企画担当理事内田先生が撮影したものを使用した。

|

« No.316 珠算指導チップス集編纂第1回委員会開催される at O.A.A. | トップページ | No.318 日本珠算連盟 22年度第1回総会開催される at Tokyo Forum »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139940/36861037

この記事へのトラックバック一覧です: No.317 22年度役員、ブロック長 懇談会開催される at O.C.C.I.:

« No.316 珠算指導チップス集編纂第1回委員会開催される at O.A.A. | トップページ | No.318 日本珠算連盟 22年度第1回総会開催される at Tokyo Forum »