« No.311 第64回全大阪珠算選手権大会開催される in Osaka | トップページ | No.313 2010年上海万博・日中珠算文化交流団 帰国報告会開催される at Moriguchi-Kadoma C.C.I »

2010年9月11日 (土)

No.312 外国人講座のワッツニュー at O.C.C.I

Ca391377 Ca391373 Ca391374 9月11日、今日も「外国人のための珠算講座」が大阪珠算協会の事務局で開催され、6か国12名の外国人が参加した。講座への入門者は、85ヵ国からの967名に及ぶ。珠算に興味を覚える人たちは、最近の特徴として、理科系の研究者が多いことがあげられる。動機は、脳の活性化や、好奇心、日本文化を理解できるから…という理由が多い。地理的な関係から、大阪大学大学院生が多いことも特徴として挙げられる。

■9月5日に施行された、初級・中級検定試験には3名がチャレンジした。ブラジル人女性のMARINA ATSUMI OIKAWA(マリナ)さんは暗算3級に挑戦した。結果は、乗暗算130 除暗算145 見取暗算100 合計375点で合格。マリナさんは、奈良先端科学技術大学院大学の博士課程でコンピュータサイエンスを研究している研究者である。

Ca391375 Ca391391 Ca391393 マレーシア人のEMI ELIZA ELMIRA BINTI CHEIBRAHIM(エミ)さんは珠算5級を受験した。入門後初めての受験であったが、乗算90 除算100 見取算100 合計290点で合格した。エミさんは、理工系の大学で学んだあと、プラントの設計・見積もりを行うエンジニアであるが、珠算の練習で得た暗算力が仕事の処理上大いに役立っているようである。

■今日は2名の新規加入者があった。一人はシンガポール人で家庭の主婦。YAP YEN PING(葉)さんは今年の1月に来日し、ウエッブサイトで講座の存在を知り参加した。今一人は、シンガポール人のLO WAN NING(呂)さんで、大阪大学の修士課程の研究者である。2008年に来日し、1年間の研究生生活ののち、大学院生となり現在は2年生である。専門は、EPIGENETICS(後学遺伝学)でDNAの研究者である。

Ca391370 貝塚市にすむ岩田さんは、7月から講座に通い、外国人に珠算を指導するための指導法を学んでいる。9月20日にコソボ自治州(セルビア西部)に向けて出発の予定である。国連本部要員のリーガルオフィサーとして、同地域に赴任中のご息女の支援を得て、現地の子供たちに珠算の指導をおこなって、11月に帰国予定である。今回の訪問で、今後の展開を見極めることになる。

■珠算の学習が講座入門の最大のテーマではあるが、多国から来日して大学や研究所で研究生活を送る人たちや、その他さまざまな職業の人たちが学習者集団を形成していて、相互に情報交換を行い友好関係の構築をはかっているそのさまは、正に国際交流と国際理解を実践する最先端現場といえる。珠算学習が彼らの日本での研究や生活にいい影響を与えているのは間違いない。

|

« No.311 第64回全大阪珠算選手権大会開催される in Osaka | トップページ | No.313 2010年上海万博・日中珠算文化交流団 帰国報告会開催される at Moriguchi-Kadoma C.C.I »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139940/36681557

この記事へのトラックバック一覧です: No.312 外国人講座のワッツニュー at O.C.C.I:

« No.311 第64回全大阪珠算選手権大会開催される in Osaka | トップページ | No.313 2010年上海万博・日中珠算文化交流団 帰国報告会開催される at Moriguchi-Kadoma C.C.I »