« No.306 外国人講座、開講25年目に入る in Osaka | トップページ | No.308 上杉武夫名誉教授 瑞宝中授章を受章 in America »

2010年8月 2日 (月)

No.307 22年度「会員レク」淡路島の旅 in Awaji island

8月1日、(社)大阪珠算協会平成22年度「会員レク」が開催された。協会員とその家族93名が参加し、淡路島で“お香の手作り体験”を楽しみ、洲本温泉の海月館で鯛活造り懐石を堪能した。

Ca391330 Ca391331 Ca391332 8月に開催される年中行事となった「会員レク」は、ブロック長会が企画から実施までを担当して行われるが、協会の重点事業の一つでもある。会員の福利厚生事業の大事な要素と位置付けており、年々重要度はランクアップしている。

Img_2 今回の企画では、ブロック長会の西村・橋本・松本の3先生が世話役を務めてもらった。ブロック長会担当の志賀常務理事と藤井理事が陣頭指揮をとり、楽しい日帰り旅行であった。単一団体で、100名規模の参加者がある本企画は、大阪珠算協会の規模の大きさを感じさせるものである。今回は三分の一の会員参加であったが、せめて半分の会員が参加してもらいたい。

Ca391333 Ca391334 Ca391335 淡路島の中央部東岸に位置する洲本市は、兵庫県淡路島の中心都市で、南海道の港町。江戸時代は徳島藩蜂須賀氏の所領で、同家家老稲田氏の城下町で同島のキャピタルシティであった。当時の洲本城跡には洲本市の官庁が集まっていて、人口5万人の活気ある都市である。

■洲本市の中心地五色地域は、高田屋嘉兵衛の出生地でもある。江戸末期に菜種油などを扱う蝦夷地貿易を牽引して財をなし、司馬遼太郎さんの『菜の花の沖』(全6巻)・・海洋貿易歴史小説・・の主人公となった。1979年4月から産経新聞で連載が始まったが、今は文春文庫に入っている。10年前には、大河ドラマとして放映され、一躍高田屋嘉兵衛の知名度が上がった。晩年には当時のロシア政府と渡り合い、今日の外交の基盤を作ったことでも有名。今では、内容の濃い日本人論としても評価されている。

Ca391336 Ca391337 Ca391338 洲本市は、市の花に菜の花と水仙、市の木は松、市の鳥は千鳥、そして市の魚に鰆を指定している。風光明媚で山海の珍味が味わえるリゾートエリアとして、この日も活況を呈していた。淡路島のさらなる発展がうかがえるいい旅であった。

|

« No.306 外国人講座、開講25年目に入る in Osaka | トップページ | No.308 上杉武夫名誉教授 瑞宝中授章を受章 in America »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No.307 22年度「会員レク」淡路島の旅 in Awaji island:

« No.306 外国人講座、開講25年目に入る in Osaka | トップページ | No.308 上杉武夫名誉教授 瑞宝中授章を受章 in America »