« No.298 大阪連合の連絡会議が開催される at Bentencho | トップページ | No.300 近畿連合 総会・研修会が開催される at Hotel Osaka Baytower »

2010年5月 9日 (日)

No.299 平成21年度決算説明会が開催される at O.C.C.I.

814 813 815 5月8日、(社)大阪珠算協会平成21年度決算説明会が開催された。対象は、役員・顧問・参与・評議員・ブロック長で、40名が参加した合同会合であった。議題は、
①21年度事業報告と収支決算について
②一般社団法人への移行に伴う新定款の制定について
であった。

816 817 819 西川春男常務理事の開会挨拶に続いて、森友会長から現在の珠算界についての一般情勢報告を行った。議事は、馬場常務理事が議長を務めて行われた。事業報告は西川善彰常務理事が行い、収支決算報告は志賀常務理事が担当した。その後、質疑応答を行ったのち了承された。

820 821 822 次に、3月20日に開催された予算総会で一般社団法人への移行が承認されたことに伴い、作成しなければならない新定款の概要を説明した。新定款は、20年10月から準備に入り、前後十数回の検討会議を経、専門家集団のサポートを得ながら作成作業を行ってきた。作成を終えた後、灘本特別顧問、桑野顧問税理士にも報告し、完成版とした。

824 825 826 現行の定款は、準拠する特別の法令はなく、広く民法の枠内で作成されたものであるが、新定款は「一般社団法人並びに一般財団法人に関する法律」(平成20年12月1日施行)に準拠して作成され、現行定款との脈絡はないと考えていい。じっくり時間をかけて検討を重ねたので、完成度は非常に高い。4月開催のブロック長会・役員会で夫々承認を得ていて、本日の説明会でのアナウンスを行い、29日開催の決算総会で正式に承認を得ることになる。

■今月開催の総会後、速やかに一般社団法人への切り替わりのための諸書類の作成を行い大阪府に認可申請を行うことになる。承認が出たのちの登記を完了した時点で、新法人としての再出発を行う。最後に西副会長の挨拶で説明会を閉じた。

830 832 831 説明会では、いくつかの貴重な意見、要望、指摘事項があり、修正や検討を加えた後、5月29日に開催の総会で議案となる。学ぶことの多いいい説明会であった。

|

« No.298 大阪連合の連絡会議が開催される at Bentencho | トップページ | No.300 近畿連合 総会・研修会が開催される at Hotel Osaka Baytower »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139940/34607612

この記事へのトラックバック一覧です: No.299 平成21年度決算説明会が開催される at O.C.C.I.:

« No.298 大阪連合の連絡会議が開催される at Bentencho | トップページ | No.300 近畿連合 総会・研修会が開催される at Hotel Osaka Baytower »