« No.296 大阪府議会の教育常任委員会でそろばん教育強化に関する質疑が行われる in Osaka | トップページ | No.298 大阪連合の連絡会議が開催される at Bentencho »

2010年5月 4日 (火)

No.297 近畿連合実行委員会(十人委員会)開催される in Amagasaki

Img_0001 5月3日、尼崎市において近畿連合実行委員会(十人委員会)が開催された。日珠連から森友・山根・西・藤本、全珠連からは蔵本・澤田・山口・櫻井、全珠学連からは岡田、事務局からは西林の先生方10人が全員参加した。(株)新通前田副部長が外部から参加した。

■全国の3団体が連携・協力して珠算教育強化に当たることを目的として、全国連合が約40年目に組織され、広域的活動を行ってきた。主として、国会や文部科学省に対する珠算教育強化の陳情や要望を行ってきた。また、無償で小学校に配布する『たのしいそろばん』の編集を行ってきた。大阪府においては、同時期に大阪連合を組織し、同副読本の各小学校への配布作業を行ってきたが、平成12年度からは珠算教育強化の実現を目指して、学校支援珠算指導活動を展開、大きな成果を上げてきた。数年前からは、正月3日にはじき初め大会を運営している。

Img_0002 12年前には、近畿エリアにおいて同様の連合体を組織し、珠算教育強化の効果を高めることを目的に近畿連合が出来上がった。主として、マスメディアを使ってのPR活動を事業の中心においた組織である。現在は約1250名の珠算指導者がその構成員である。最大の特徴は、設立以来10年間にわたり、構成員各自が年間1万円ずつ拠出して、全国に例を見ないような質の高いPR展開を行っている。

■全国レベルで全国連合が、近畿エリアでは近畿連合が、大阪府をカバーする形で大阪連合がある。このような、地元、エリア、全国と守備範囲ごとに活動団体を備えているのは、近畿エリアのみである。そのことが、検定受験者数の対比で、近畿エリアが、他のエリアを大きく引き離して、高い上昇率を示す所以となっている。

■今年度からは、近畿連合の組織をより活動的にするために、会則を定めて、役員を選出することにした。役員構成は、代表・副代表・会計・監事・幹事・事務局長とし、組織運営の機関は、10人委員会・拡大会議・総会とした。これらについては、16日に開催の総会で承認を受け新たなスタートを切る。

■本日開催会合の議題は、①平成22年度PR事業の展開 ②21年度事業報告・収支決算並びに22年度事業計画案・収支予算案の審議 ③近畿珠算強化連合会会則案の審議 であった。

684 680 682 大阪連合を母体として、生まれた近畿全域をカバーする近畿連合の活動は、最近とみに全国で注目を集めている。1250名が見事な結束を見せ、10年を超えて一つの目的に向け突き進む様は、他の追随を許さないものがある。なお、今回の会則制定にあたっては、全珠連大阪府支部長櫻井行雄氏が原案作成の労を担い、本日の審議を経ることが出来た。ご苦労に感謝したい。

|

« No.296 大阪府議会の教育常任委員会でそろばん教育強化に関する質疑が行われる in Osaka | トップページ | No.298 大阪連合の連絡会議が開催される at Bentencho »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139940/34518338

この記事へのトラックバック一覧です: No.297 近畿連合実行委員会(十人委員会)開催される in Amagasaki:

« No.296 大阪府議会の教育常任委員会でそろばん教育強化に関する質疑が行われる in Osaka | トップページ | No.298 大阪連合の連絡会議が開催される at Bentencho »