« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月29日 (土)

No.301 大珠協22年度第1回通常総会が開催される at O.C.C.I.

890 891 892 5月29日午後2時から大阪商工会議所4階401号室で(社)大阪珠算協会の平成22年度第1回通常総会が開催された。議長には、Lブロック長橋本龍巳氏が選出され、冒頭、同協会森友 建会長が一般情勢報告と挨拶を行った。続いて、永年在会者表彰が行われ、二つの議案審議に入った。

640img_0009 640img_0010 640img_0014 640img_0015 640img_0016 640img_0017 第1号議案は、平成21年度事業報告並びに収支決算の承認を求める件、第2号議案は、新定款並びに同施行細則制定の承認を求める件であった。

■本協会の総会は年2回開催される。22年3月20日の通常総会では22年度の事業計画と収支予算の両案を審議し承認を得た。また、公益法人改組に伴う一般社団法人への移行について審議し承認された。5月29日に開催した本総会では、上記の通り新定款の制定を審議し承認を得た。

640img_0018 640img_0020 640img_0022 640img_0023 640img_0024 640img_0025 3月総会での一般社団法人への移行承認と、本日開催総会での新定款制定承認を受けて、間もなく一般社団法人への移行に伴う諸書類の作成、提出作業が開始される。申請に対して承認を受けた後登記を行い、諸手続きが完了する。手続きの完了日から、新しい一般社団法人としての活動が始まることになる。

■新しい定款は、「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」(平成20年12月1日施行)を準拠法として約1年間をかけて作成作業を行ってきた。全11章42条と定款施行細則8条で構成されている。現行の定款は準拠法がなく、民法の規定に則って作成されていることと好対象をなしている。したがって、新旧両定款には、脈絡はないと考えてよい。

640img_0044 640img_0045 640img_0046 640img_0047 640img_0049 640img_0052 一般社団法人へ移行するということは、活動の一部は公益で、その他は収益を上げるという意志表示であるし、自由な事業展開を行うためである。日本の珠算教育強化を促進し、子供たちの学力向上につながるような活動が期待されるし、それは今まで以上に積極的な展開でなければならない。珠算人が一丸となって、より精力的に社会貢献を実現していければ、今回の改組に関する選択が是であったことになる。
*写真は内田理事が撮影したものを掲載した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

No.300 近畿連合 総会・研修会が開催される at Hotel Osaka Baytower

Img_0002 5月16日15時から、22年度近畿珠算強化連合会総会が開催された。ホテル大阪ベイタワー4階金枝の間に、近畿2府5県から約160名の珠算指導者などが集った。総会では、21年度事業報告・収支決算について、22年度事業計画・収支予算についての審議を行い夫々承認を得た。続いて、同連合会の役職者10名の職務就任について承認を得、最後に同連合会会則制定について承認を得た。

843 844 845 846 847 850 当連合会は、設立12年目を迎え、かねてからの懸案事項であった、代表・副代表・会計・監事・幹事・事務局の役割分担を決め、本総会で承認し、責任と職務の分担を明確にした上で新たなる出発を行った。

Img_0001_2 22・23年度の役職者は、代表:森友、副代表:澤田・山根・櫻井、会計:岡田、監事:西、幹事:藤本・山口・蔵本、事務局:西林の各氏ラインナップである。初めて制定した会則は、6章19条の内容で、本総会で承認され、即日施行された。

Img_2 16時からは研修会が行われた。
本年度は、「公教育におけるそろばん指導強化策」をテーマに80分を配当した。内容は、
① 大阪市議会並びに大阪府議会におけるそろばん教育強化についての質疑の模様を映像にして大阪市・大阪府のインターネットニュースで配信されている動画ニュース(13分)を上映した。大阪市議会の質疑は、井上英孝議員が文教経済委員会で3月9日に行った。大阪府議会の質疑は、西田 薫議員が教育常任委員会で3月15日に行った。

②スピーチは、井上議員と西田議員が13分ずつ、それぞれの予算委員会におけるそろばん教育強化についての質疑内容をテーマにして、質問趣旨と理事者側からの答弁趣旨を語ってもらった。

③残された40分で、参加者と2名の議員との間で質疑応答を行い、今後のそろばん教育強化についての道筋を探った。なお、今回の総会には、尼崎市議会議長の蔵本八十八先生、御所市議会議員の米田絹代先生の現職議員2名も参加していて、共に貴重な発言を得た。また、尼崎市の計算特区の展開を当初から現場指揮してきている尼崎珠算振興会理事長の藤本和彦先生からも大事なアドバイスを得た。

852 840 854 855 859 864 870 872 873 研修会を通じて見えてきたことは、近畿各エリアの教育行政が等しく抱えている緊急を要する課題が、子供たちの学力向上であること、今ひとつは、そろばん指導を強化していくことで、子供たちは計算力・集中力・持続力・判断力・暗算力を獲得し、情緒も安定すると共に学習意欲が向上するということが、研究や実験の結果明白になったことである。
このことは、もし、そろばん指導の有効な強化策を見出すことが出来れば、各地教育行政が持つ課題は容易に解決の方向に向かう、ということを示すものである。

800img_0042 800img_0043 800img_0053 800img_0054 800img_0064 800img_0066 子供たちにそろばん指導を強化するjことで、学力の底上げを実現させようという、行政レベルが考えるべき課題を、官民共に知恵を出し合って解決に導こうということが今回の研修会コンセプトであった。3月の予算委員会で第1ラウンドが既に始まったが、これからはどのような道筋で活動を継続していくのか、明確なロードマップが出来たのではないかと思えるトークであった。
*写真は内田情報企画担当理事が撮影したものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

No.299 平成21年度決算説明会が開催される at O.C.C.I.

814 813 815 5月8日、(社)大阪珠算協会平成21年度決算説明会が開催された。対象は、役員・顧問・参与・評議員・ブロック長で、40名が参加した合同会合であった。議題は、
①21年度事業報告と収支決算について
②一般社団法人への移行に伴う新定款の制定について
であった。

816 817 819 西川春男常務理事の開会挨拶に続いて、森友会長から現在の珠算界についての一般情勢報告を行った。議事は、馬場常務理事が議長を務めて行われた。事業報告は西川善彰常務理事が行い、収支決算報告は志賀常務理事が担当した。その後、質疑応答を行ったのち了承された。

820 821 822 次に、3月20日に開催された予算総会で一般社団法人への移行が承認されたことに伴い、作成しなければならない新定款の概要を説明した。新定款は、20年10月から準備に入り、前後十数回の検討会議を経、専門家集団のサポートを得ながら作成作業を行ってきた。作成を終えた後、灘本特別顧問、桑野顧問税理士にも報告し、完成版とした。

824 825 826 現行の定款は、準拠する特別の法令はなく、広く民法の枠内で作成されたものであるが、新定款は「一般社団法人並びに一般財団法人に関する法律」(平成20年12月1日施行)に準拠して作成され、現行定款との脈絡はないと考えていい。じっくり時間をかけて検討を重ねたので、完成度は非常に高い。4月開催のブロック長会・役員会で夫々承認を得ていて、本日の説明会でのアナウンスを行い、29日開催の決算総会で正式に承認を得ることになる。

■今月開催の総会後、速やかに一般社団法人への切り替わりのための諸書類の作成を行い大阪府に認可申請を行うことになる。承認が出たのちの登記を完了した時点で、新法人としての再出発を行う。最後に西副会長の挨拶で説明会を閉じた。

830 832 831 説明会では、いくつかの貴重な意見、要望、指摘事項があり、修正や検討を加えた後、5月29日に開催の総会で議案となる。学ぶことの多いいい説明会であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

No.298 大阪連合の連絡会議が開催される at Bentencho

800 801 802 5月5日、大阪珠算教育連合会(大阪連合)の連絡会議が開催された。出席は、全珠連から、澤田・山口・櫻井・西林、全珠学連から岡田、大珠協から森友・西・益田・志賀・西井、東大阪から山根、北大阪から井尻、堺から長谷、北摂から山口、八尾から上杉、箕面から的場、岸和田から谷口、守門から大西の各先生方18名であった。

Img 議題の概要は以下の通りであった。
①平成21年度事業報告ならびに収支決算について
冊子『たのしいそろばん』の配布状況、同冊子についての使用校担任からのアンケート内容、学校支援珠算指導活動依頼校一覧と依頼校数の推移、新年はじき初め大会などについて資料配布と夫々の説明があり承認した。
収支予算案は従前は作成していなかったが、今年度からは作成することにし、次回の連絡会議(11月)で承認を求めることとした。


②新入会団体について
吹田珠算振興会の新規加盟を承認した。加盟団体は大阪府下14団体となった。


③22年度分担金について
各団体の分担金額の見直しについて発案があり、議論の結果、分担金の算定は基本金と人数割り金額の合計とし、分かりやすい仕組みに改めることとした。金額の算定方式についてはモデルを作成して、次回の会合で議案とすることにした。
④学校支援珠算指導活動の出講前打合会開催は、1月中旬に行ってきたが、実際は年末から出講指導が始まっていることから、時期を早めて本年度は11月19日に行うことにした。


⑤近畿連合総会・研修会について
5月16日に行われる総会と研修会への参加者のとりまとめを行った。午後に開催された近畿連合拡大会議でも各団体からの出席者数の聞き取りを行い、160名前後の参加者数になることを確認した。
⑥22年度PR事業の内容について
今年度のPR展開は、関西テレビ、朝日放送テレビ、毎日放送ラジオ、KBS京都ラジオを使ってスポット放送することと、その詳細について説明を受けた。これらスポット放送に加えて、「ありがとう浜村 淳」内で、5日間のパブリシティを行うことになる。

803 804 805 最後に、大阪連合の座長を長期にわたり務められた倉野 忠先生が逝去されたことから、後任として全珠学連の岡田良章氏を選出した。また、近畿連合の組織と整合させることから、座長を改めて代表と呼称することにした。任期は2年間で、3団体の輪番担当とした。
大阪連合は、長期にわたり大阪エリアの珠算教育強化のために、諸策を講じ各団体エネルギーを集約し、戦力の集中投入を行って成果を上げてきた。3団体所属の各団体が糾合し効果的な活動展開を旗印としてきたことが構成員の理解につながった。運営のノウハウを近畿一円にまで広げて編成した組織が近畿連合である。近畿連合も既に一人立ちして大きな成果を上げているが、今後も、基盤をなすのは大阪連合であることに変わりはない。今回の代表選出を機に、新たな飛躍を目指したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

No.297 近畿連合実行委員会(十人委員会)開催される in Amagasaki

Img_0001 5月3日、尼崎市において近畿連合実行委員会(十人委員会)が開催された。日珠連から森友・山根・西・藤本、全珠連からは蔵本・澤田・山口・櫻井、全珠学連からは岡田、事務局からは西林の先生方10人が全員参加した。(株)新通前田副部長が外部から参加した。

■全国の3団体が連携・協力して珠算教育強化に当たることを目的として、全国連合が約40年目に組織され、広域的活動を行ってきた。主として、国会や文部科学省に対する珠算教育強化の陳情や要望を行ってきた。また、無償で小学校に配布する『たのしいそろばん』の編集を行ってきた。大阪府においては、同時期に大阪連合を組織し、同副読本の各小学校への配布作業を行ってきたが、平成12年度からは珠算教育強化の実現を目指して、学校支援珠算指導活動を展開、大きな成果を上げてきた。数年前からは、正月3日にはじき初め大会を運営している。

Img_0002 12年前には、近畿エリアにおいて同様の連合体を組織し、珠算教育強化の効果を高めることを目的に近畿連合が出来上がった。主として、マスメディアを使ってのPR活動を事業の中心においた組織である。現在は約1250名の珠算指導者がその構成員である。最大の特徴は、設立以来10年間にわたり、構成員各自が年間1万円ずつ拠出して、全国に例を見ないような質の高いPR展開を行っている。

■全国レベルで全国連合が、近畿エリアでは近畿連合が、大阪府をカバーする形で大阪連合がある。このような、地元、エリア、全国と守備範囲ごとに活動団体を備えているのは、近畿エリアのみである。そのことが、検定受験者数の対比で、近畿エリアが、他のエリアを大きく引き離して、高い上昇率を示す所以となっている。

■今年度からは、近畿連合の組織をより活動的にするために、会則を定めて、役員を選出することにした。役員構成は、代表・副代表・会計・監事・幹事・事務局長とし、組織運営の機関は、10人委員会・拡大会議・総会とした。これらについては、16日に開催の総会で承認を受け新たなスタートを切る。

■本日開催会合の議題は、①平成22年度PR事業の展開 ②21年度事業報告・収支決算並びに22年度事業計画案・収支予算案の審議 ③近畿珠算強化連合会会則案の審議 であった。

684 680 682 大阪連合を母体として、生まれた近畿全域をカバーする近畿連合の活動は、最近とみに全国で注目を集めている。1250名が見事な結束を見せ、10年を超えて一つの目的に向け突き進む様は、他の追随を許さないものがある。なお、今回の会則制定にあたっては、全珠連大阪府支部長櫻井行雄氏が原案作成の労を担い、本日の審議を経ることが出来た。ご苦労に感謝したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.296 大阪府議会の教育常任委員会でそろばん教育強化に関する質疑が行われる in Osaka

Img 平成20年10月頃から、大阪府下における小・中学生の学力をどのように向上させていくのかについての議論が活発化してきた。その議論の中で、そろばん学習が教育力向上に有効であることから、初等教育の中でそろばん指導を強化していくべきではないかという観点から、大阪府教育委員会との連携を強化してきた。

■並行して、教育行政におけるそろばん教育の理解を促進するために、府議会議員、市議会議員との意見交換や懇談を重ねてきた。すでに、平成12年度からは、上記観点から学校支援珠算指導活動を毎年展開してきているが、珠算界の教育力向上のための支援活動に対する認知度を高めることもその目的に入れ込んでいる。

■今までは、各学校サイドとの直接的なつながりを膨らませる形で支援活動を続けてきたが、これからは府議会、市議会、府教育委員会、市教育委員会と効果的に連携を強めて珠算界からの支援効果を高めていくことになる。

■No.282では、大阪市議会文教経済委員会で3月9日に行われた井上英孝議員の質疑を報告したが、ここでは3月15日に府議会教育常任委員会で行われた西田 薫議員の質疑の概要を報告しておく。これらの質疑内容は、大阪府・市議会のHP上のインターネットTVで視聴できるし、議事録の形で読むことが可能である。

■西田議員の質問
教育界では「悪かった昔の教育」、「よくなった今の教育」、といわれているが、「決してそうではない、よかった昔の教育もいっぱいある」。っと、これは東京都の石原慎太郎都知事がおっしゃった言葉を引用しながら、前回、当委員会において、私は質問させていただいた。戦前教育というと、軍国化教育ばかりが連想されるが、昔の教育というと、読み書き算盤だったと思う。この読み書き算盤をもっとしっかりやっておけばよかったなといま、大いに反省と後悔をしている。ただ、私は算盤だけはずっとやっていたので、今も実生活において非常に役立っている。
そこで私は、もっともっと算盤を普及させるべきではないかなと考えている。早速、調べさせていただいたところ、兵庫県尼崎市が算盤の教育特区として実施されている。是非大阪府においても実施していただきたいと思う。
それで、今現在、算盤をどのように学習しているのか、まずは、授業時間等を教えて欲しい。

■角野小中学校課長の答弁
算盤の学習についてお答えします。学校教育では算盤の仕組みについての理解を深め、簡単な足し算や引き算が出来るようにするため、小学校3年生と4年生の、「数と計算の領域」で取り扱うこととなっております。具体的には実際に算盤を使いながら、数の著し方や、繰り上がり下がりの仕組みを理解し、整数や小数の足し算引き算の仕方について学習をいたします。なお3年生では概ね4時間、4年生では2時間程度の指導が行われています。

■西田議員の質問
3年生で4時間、4年生で2時間・・・・。非常に少ないと思う。因みに習字だと、学習時間はどのくらいあるのか。

■角野小中学校課長の答弁
習字は週に1回程度、年間で30時間程度、実施されています。

■西田議員の質問
習字が30時間で算盤が4時間ないし2時間。算盤をすることによって計算能力が上がると同時に、集中力が付くというような調査結果も出ていると聞いている。われわれの世代では、子供の頃に算盤を習っていたという仲間が多いが、今の小学校では比較的若い先生もおられるし、パソコンや電卓が普及しているので、逆に先生自体が算盤を知らないといのではないかと思っている。そういった中、一体どのような工夫をして4時間と2時間の授業をされているのか答弁していただきたい。

■角野小中学校課長の答弁
各小学校ではチームティーチングなどを複数の教員で指導し、経験の浅い教員にベテランの教員が教え方を指導するなどさまざまな工夫に取り組んでいます。

666 667 668 西田議員の質問
工夫をしながら取り組まれているということだが、私は外部に専門家の支援を受けながら行うのも一つの方法ではないかと思っている。如何か。

■角野小中学校課長の答弁
小学校におきまして、専門的知識を持つ外部人材を活用することは、優れた技能等に触れることが可能になりまして、児童のそろばんに対する学習への興味が高まると共に、教員の指導の充実につながっていくものと考えています。現在各学校では、地域人材の協力を得て、大阪府珠算教育連合会から補助教材の提供や講師の派遣をしていただくなど、地域や学校の実態に即した取り組みが行われています。なお、同連合会からの講師を活用している学校は年々増加しており、今年度は約200校となっています。

■西田議員の質問
大阪府珠算教育連合会の協力を得ているということだが、これからも積極的に協力を要請して、指導の中味の充実を図るのもいいと思うが、如何か。

■角野小中学校課長の答弁
小学校でのそろばんの指導に際して、外部講師に対するニーズが年々高まってきているということは、この取り組みにより子供たちに満足度の高い授業が展開されてきたと考えています。府教育委員会といたしましては、学校現場でのニーズを踏まえ、今後も大阪府珠算教育連合会などとの連携をしながら、小学校での外部人材の活用が進むよう市町村教育委員会主幹部課長会などにおきまして働きかけて参ります。

■西田議員の質問
市町村教育委員会主幹部課長会に働きかけるというご答弁であったが、これからも積極的に大阪府教育委員会が責任を持ってしっかりと働きかけていただきたいとお願いをしておく。

■5月16日には、近畿連合の総会があり、研修会が行われる。今回は、上記西田、井上両議員の出席を得て、珠算教育強化に関するトークを行うことになっている。珠算人の協力を得て、大阪府下の子供たちが学力を向上させてくれることにつながれば嬉しいことである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »