« No.289モンゴルUBS放送がそろばんの取材 in Japan | トップページ | No.291 平成21年度学校支援活動報告会開催される at O.C.C.I. »

2010年4月 4日 (日)

No.290 近畿連合 拡大委員会開催される at Bentencho

Img 4月3日、近畿珠算強化連合会拡大委員会が全珠連大阪府支部で開催された。参加者は、日珠連の森友・西・山根・益田・志賀(大阪)、藤本・杉本(兵庫)、内海(京都)、花井(奈良)、堀江(滋賀)、古垣(和歌山)、全珠学連の岡田(大阪)、全珠連の澤田・桜井・山口・西林(大阪)、蔵本・嘉島(兵庫)、辻村(和歌山)、森(滋賀)、吉川(奈良)、江藤(京都)、(株)新通前田、(株)朝日プリント山田の各位であった。

■冒頭で、(社)大珠協 森友(会長)から珠算界の情勢報告を行った。
骨子は、2009年度の年間軌跡を総括してみると、2010年度の業容を予測することが出来、珠算教育的評価が拡大することが予想される。同時に、近畿エリアの珠算教育強化の活動規模と効果は一回り大きくなることが期待される・・・とした。

Img_0001 2009年度の軌跡内容は下記の通りである。
①PR事業の(各団体)重層的展開(2年間)
②新学習指導要領重点項目の先行実施に伴い、21年4月から4年生でのそろばん指導が始まった
③尼崎市43全小学校でのそろばん指導が21年4月から始まった
④各種検定試験の受験者数が増加傾向を保っている・・各団体の財政状況に好影響を与えている
⑤学校支援珠算指導活動依頼校が急増している
⑥マスメディアの珠算報道が再び増加してきている

520 521 522 全国の珠算教育界において、近畿エリアの活躍と成果は他のエリアに比して群を抜いて高水準で推移している。最近の指標では、19年度と20年度の年間1・2・3級検定(日商)受験者数比較では、東海エリアは102.2、関東エリアは103.9、近畿エリアは109.3%となっている。近畿2府4県の、3団体所属指導者数は1300名強である。12年前から、近畿圏の指導者が醵金を募り知恵を出し合って、合同事業の長期展開を行ってきたことが、この各エリア間の数字の開きをもたらしてきたと考えられる。特に、PR事業の長期間の展開は全国に類を見ない、特筆すべき活動である。

■議案としては、
①2010年度PR展開の原案承認の件
②近畿連合役職案の承認の件
代  表・・森友 建(大珠協)
副代表・・澤田悦子(全珠連)・山根正司(東大阪)
会  計・・岡田良章(全珠学連)
監   事・・西 博三(大珠協)
事務局・・全珠連大阪府支部 西林義夫(全珠連)
③近畿珠算強化連合会総会について

523 554 560 以上の諸議案を質疑の上、全案が承認され、5月16日に開催される総会で審議の上承認をえることとなる。総会後の研修会では、市議会議員井上英孝、府議会議員西田 薫の両先生を招き、80分のトークを行って、教育行政と珠算教育強化の連携のあり方を考えることになる。近畿エリアが、今後も、全国珠算界のパイロット役を果たして行けるように知恵を絞りたい。


|

« No.289モンゴルUBS放送がそろばんの取材 in Japan | トップページ | No.291 平成21年度学校支援活動報告会開催される at O.C.C.I. »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139940/34073046

この記事へのトラックバック一覧です: No.290 近畿連合 拡大委員会開催される at Bentencho:

« No.289モンゴルUBS放送がそろばんの取材 in Japan | トップページ | No.291 平成21年度学校支援活動報告会開催される at O.C.C.I. »