« No.277 平成22・23年度役員・部員等選考委員会が開催される at Tokyo Forum | トップページ | No.279 近畿連合10人会開催される at O.C.C.I »

2010年2月28日 (日)

No.278 日本数学協会と日本珠算連盟との懇談会開催される at Stadium Place in Tokyo

Img 2月27日、青山スタジアム・プレース(東京)で、日本珠算連盟と日本数学協会の懇談会が開催された。2009年7月12日に東京お台場で同懇談会を開催し、今後の両者の共同研究の荒組を行い、同時に協調のあり方について協議を行った。それに先立ち2009年6月27日には、名古屋市内で四日市大学小川 束教授(日本数学協会幹部)と共同研究について話し合った経緯がある。

■2009年2月24日には、日本珠算連盟そろばん有識者懇談会を東京で開催して、第一次研究成果の総括を行い、今後の活動についてのテーマ設定などを行った。また、構成メンバーの大幅な入れ替えを行い、日本数学協会の関係学者を主要なメンバーとした。

Img_0001 今回の懇談会では、昨年春にメンバーを決めた有識者懇談会の展開のあり方と、当面する共同研究などの進め方などについて、率直に意見の交換を行い、具体的なスケジュール調整まで行った。
懇談会には、日本珠算連盟サイドから、森友 建理事長+草柳康子委員長+中山 洋専務理事が出席した。日本数学協会からは、上野健爾四日市大学関孝和数学研究所所長(京都大学大学院大学名誉教授+日本数学協会会長)+岡部恒治埼玉大学教授(日本数学協会副会長)+有田八州穂多摩第二小学校教諭+日本数学協会幹事)が出席した。

■両者間の共同調査・研究活動は今後より積極的に推進していくことを確認した。当面は、次の三つの課題をテーマに活動を推進していく。
①小学2年生と3年生用算数教科書を新しく制作する。筆算をソフトにした現行の教科書と違って、そろばんをソフトとする教科書を作成する。筆算をベースにした算数指導では、回答するテクニックの確保が優先されて、算数技術が定着しにくいという弊害が見られる。また、現行の教科書では子供たちが自力で学習しにくい形になっていて、カーナビに沿って学習すれば結果に到着するという形態であり、カーナビを除去すれば進めなくなるという状況が見られる。現行の算数指導のあり方が最善なものなのかを問い直し、学力向上にはそろばんを活用するカリキュラムが望ましいのではないかということを検証してみたい。

529 ②珠算式暗算のメカニズムの解明を行う研究である。すでに、昨年の7月から研究をスタートさせているが、2009年7月19日に開催されたあんざんグランプリ大会では、岡部・有田先生がトップ選手の技術的な側面の観察や、代表選手たちからの聞き取り調査も終えている。今や、珠算式暗算の効用や素晴らしさは世界で評価されている。しかし、珠算式暗算の説明を行うとなると、イメージで計算を進めているというレベルの説明になる。より学術的な解説を行えるようにし、それらを英訳して世界に情報を発信することとする。

■③今何故そろばんなのかを説明する材料として、昨年、「凄いぞ!そろばん」を発刊したが、今初夏には、冊子の第2弾を発行することとする。両者の研究の一部を冊子の内容に組み込んで、一層の充実感を確保する。
④つ目以降については順次テーマ設定を行って共同研究の幅を広げていく。

526 528 530 研究メンバーは、上野・岡部・小川・有田・河野の各先生方に珠算界から数名が参加する。上記二つの共同研究については約2年間で研究結果を得て公表することにする。また、第③番目の課題は、速やかに結論を得て刊行を目指す。

■これらの調査・研究活動が軌道に乗れば、冒頭に述べた有識者懇談会の存在意義は薄れてしまうことになり、発展的に解消して前述のような共同研究スタイルの活動にアレンジしていきたい。これら、今回の懇談会で得た結論は、3月8日の正副会・総務会で説明し了解を得て、27日の総会でも理解を求める運びになる。

Photo 回数を重ねるごとに、日本数学協会と日本珠算連盟の共通理解は進み、日本文化の典型であるそろばんの発展実現に向けた協力関係は随分と強化されてきた。このことは、ひいては日本の数学の発展につながることであり、日本人の学力向上にも貢献するものであると確信している。

|

« No.277 平成22・23年度役員・部員等選考委員会が開催される at Tokyo Forum | トップページ | No.279 近畿連合10人会開催される at O.C.C.I »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139940/33569471

この記事へのトラックバック一覧です: No.278 日本数学協会と日本珠算連盟との懇談会開催される at Stadium Place in Tokyo:

« No.277 平成22・23年度役員・部員等選考委員会が開催される at Tokyo Forum | トップページ | No.279 近畿連合10人会開催される at O.C.C.I »