« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

No.258 第58回全国計算競技大会開催される at Tennouji Commercial High School

427 432 424 425 426 428 11月29日午前9時から大阪市立天王寺商業高等学校主催の第58回全国計算競技大会が開催された。全国から171名の選手が参加した。珠算部門の参加者内訳は、小学生22名、中学生22名、大学生25名、社会人43名、高校生48名の計160名であり、計算機部門は11名の参加であった。大学生の部には、韓国の建国大学4回生李 英姫さんが空路来阪し参加した。

■昭和27年に第1回大会を開催以来今回で58回を数える。天商OBで運営が行われ、昭和47年(第21回)からは計算機部門を新設して、珠算の達人と同じ問題で速さと正確さを競う光景は極めて珍しい。計算機部門の人たちは、暗算種目は対応の手立てがなく、このことは計算を機械で行う場合の正に限界を実感させてくれる。

429 430 431 本大会の特色のひとつに、規律と礼儀の遵守が実見できることがある。問題の配布と集配時に、「ありがとうございます」という挨拶が自然な形で選手間で交わされる。前回のカップ類の返還セレモニーでも、立ち居振る舞いの美しさが見て取れる。一つの道を究めることの大事さが学習できる場面でもある。

Img 当日は、日本珠算連盟代表として森友理事長が出席し概要次のような祝辞を開会式で述べた。

本日は全国から171名の選手の方々が参加していただきました。
選手の皆さんはもとより、引率の先生方、準備に当たられました委員の先生方に心から感謝しお礼を申し上げます。

2週間ほど前でありますが、新政権で文部科学大臣を務めておられる川端達夫先生にお会いし、お話しする機会がありました。川端大臣は近畿エリアから選出された衆議院議員で、京都大学大学院を修了されています。
どのように日本の教育を再生すれば、世界で活躍できるような立派な人間を作り出せるのかに、話題は集中しました。

本大会は、若い優秀な人材を育成することを目的に、学校サイドの理解と熱意で昭和27年から半世紀を越えて継続実施されて参りました。長年に亘る開催が日本の目指す教育再生に大きく貢献してきた事実から、学校サイドの先見の明と高い識見に敬意を表したいと思います。

川端大臣は「文化と伝統を守る」ことと「規律を守る」ことの重要性も強調されていました。伝統文化であるそろばんを規律正しく学習している選手の皆さんは、これら二つの大事な目標をともにクリアされていると考えています。

私は長年の経験から、“勉強(練習)の目的はその人の天職(life mission)(人生を如何に生きるのか? 人生において何をするのか?)を見つけ出すこと”であり、同時に、“学ぶ(練習する)ということは皆さんが見つけ出した天職を全うする力にもなる”と考えています。また、“皆さんが学んだ知識の総量(練習した量)と皆さんの志の高さは比例する”とも信じています。

従って、激しい練習を重ねておられる選手の皆さんは、立派な人物に成長する条件をすべて完璧に満たしている人材集団であるといっていいのではないかと思っています。

急がれる日本の国づくりに自分も参加するのだという気概を持ち、本日の競技にもベストを尽くしていただきたいと願っています。今日1日、長い戦いになりますが健闘をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

No.257 21年度大珠協珠算指導者講習会が成功裏に終了 at O.C.C.I

418 416 415 11月23日、大阪商工会議所地階大会議室で、21年度大阪珠算協会の指導者講習会が開催された。初日は7月26日、二日目は9月21日に開催され、2講座ずつの合計6講座の講習会であった。

■初日と二日目は外部から4人の講師を招聘し、最終日は協会常務理事二人が講座を担当した。初日の大阪教育大学柳本朋子教授と二日目の京都大学大学院医学部研究者田中瑠璃子先生は珠算界外からの出講で、平素気付かないエリアに重点を置いて話を聞かせてもらった。

300img_5970 300img_5972 300img_5975 300img_5976 300img_5979 300img_6050 今回の参加者は近畿各地からの231名で、3日間共に熱気溢れる研修会となった。今回特筆すべきことは、7名の教養委員会委員と担当役員2名の計9名が講習会運営に当たったが、各地からの受講者へのもてなしの気持ちと感謝の念をしっかり表現できていたことである。来場時と退場時の参加者への対応が何よりも大事であることが認識された結果だと思われる。

■最終日の講座の内容は、益田先生の「開法の指導」と馬場先生の「実践・作問の仕方パートⅡ」であった。両講義ともに、プロフェショナルな内容であるが、指導者の必修事項でもあるので受講者には好評であった。

■冒頭に主催者として副会長森友が最終日の開会挨拶を行ったが、次のような珠算界にとってうれしいニュース二つを紹介して締めくくりとした。
一つは、第3講を担当した京都大学大学院医学部で研究生活を送っている田中瑠璃子さんが芽出度く来春京都大学で博士号(医化学博士)を取得することが決定したこと、二つ目は、河口千歳先生の姪御さん山田かおりさん(粉河高校理数科、東京大学理科1類、同大学院、イリノイ大学留学を経て、平成19年に東京大学で博士号を取得。現在イリノイ大学シカゴ校医学部薬理学助教)が、昨年12月に、分子生物学の分野で世界の優秀な若手科学者を5人選ぶ「GE & Science Prize for Young Life Scientists 2008」を受賞(ノーベルジュニア賞と呼ばれる)したこと・・・を紹介した。因みに、田中瑠璃子さんは協会監事田中賢一氏の愛娘さんである。お二人共に、研究活動の根底には、そろばん学習の経験と技術が活かされている。
*後段6枚の写真は内田理事の撮影。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

No.256 社団法人和歌山計算実務協会創立60周年記念式典が開催される at Hotel Granvia Wakayama

Img Img_0001 11月22日、ホテルグランビア和歌山において、社団法人和歌山計算実務協会の創立60周年記念式典が行われた。関係団体などから30名の来賓者が参式した。また、同協会メンバー約50名は想い出の詰まった60周年式典を盛大に祝った。来賓としては、大橋和歌山市長も来式し、祝辞を述べた。珠算界を代表しては、森友日珠連理事長と藤本近団連理事長が同協会の慶事を祝う挨拶を行った。

403 398 401 399 407 405 412 413 408 同協会の発足は昭和24年であるが、戦後の混乱期の真っ最中であった。同年には、さつまいもの自由販売開始、和歌山出身の湯川秀樹博士のノーベル物理学賞受賞、お年玉つき年賀はがきの初回発売などがあった。それから60年、会員各位の努力と研鑽により近畿エリアの中核団体として成長した。近畿2府4県が確固たる絆で結ばれるための重要な役割も果たしてきた。

■森友日珠連理事長の祝辞概要は以下の通りである。
本日、協会創立60周年を迎えらたことをお祝い申し上げます。終戦直後から、珠算教育の振興と珠算道の普及・発展に尽力され、近畿一円、地元和歌山の発展に寄与してこられましたことに敬意を表します。

さて、長期にわたる電卓・コンピュータの普及により、合理性・効率性が最優先され、機械に頼る傾向が年毎に強まってきました。その結果、物事を継続する力が減退し、子供たちの学力低下にも微妙な影響を与えてきましたことはご承知の通りであります。

しかし、今、珠算学習者が大幅に増加してきました。その理由は、そろばんで計算することの有用性と楽しさ、分かりやすさが見直され、学力向上と学習意欲の強化に有効であることが明らかになってきたからであります。加えて、珠算式暗算に対する世間の注目があります。

最近、珠算式暗算の素晴らしさと不思議さに内外の数学者が強い関心を持ち始めました。7月には珠算界と数学界が「珠算式暗算のメカニズム解明」をテーマに共同研究をスタートさせ、その研究成果が世界の教育界に役立つことが期待されています。内外の教育界は、珠算の教育的効果と社会貢献度の高さに強く注目し始めたのかも知れません。

長年の珠算指導経験から、私は、「豊富な練習はその人の天職(life mission)を見つけ出し、それを実現する力になる」、或いは「練習の量と志の高さは比例する」ということを確信するようになりました。即ち、練習に打ち込む珠算学習者は立派な人物に成長する条件を満たしている素晴らしい人材集団であるということになるのではと考えています。

貴協会が今後も時代のニーズに合った珠算教育強化事業を継続され、青少年の質の高い人間作りを支援することで、組織としての社会的貢献を果たされますことを祈念いたしまして祝辞と致します。

■たくさんの珠算指導者の努力の積み重ねが今日の珠算教育強化の実をあげさせたのであり、先人の労苦に感謝しつつ、この伝統計算技術を次の世代へと間違いなく伝えていかなければならないと強く感じた式典参加であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

No.255 川端達夫文部科学大臣と懇談 at the second chamber of Representatives

393 391 360 11月10日、平成21年度第4回正副理事長会に続いて、午後から同年度第4回総務会が開催された。主たる検討議案は、22年度事業計画の基本方針、「たのしいそろばん」配布活動の実施連盟会員への補助金支出、読上算・読上暗算検定における段位認定の新設、22年1月~3月のTVCM放映の実施、稼働中の検定試験作問ソフトの管理と、段位・暗算検定試験の作問ソフト新規制作を一括して運営できるチームの編成、事務局移転問題などであった。

Img Img_0001 22年度事業計画と収支予算案の編成作業については、4部会長を交えての予備作業は11月7日に行った。続いて、12月12日に本格的な作業を行い、26日に最終原案をまとめる予定である。上記の審議事項もこの一連の作業の中で計画に組み込むべきものはそれぞれ反映させていくことになる。

351 355 354 正副理事長会の途中から、衆議院第1議員会館を訪問、民主党国会対策委員長代理三井辨雄衆議院議員に全国連合代表者3名が面談した。メンバーは全国連合梶川会長・全珠学連吉田会長・日珠連森友理事長であった。珠算教育を学力向上のためにどのように活かせるのかという観点から、珠算指導強化を議論した。

361 364 381 三井議員の紹介で、午後3時から川端達夫文部科学大臣を第2議員会館に訪問、約40分間日本の教育振興と珠算教育の役割について懇談した。大学生を含めた学生たちの学習目的を如何に明確にさせるか、学習した内容を卒業後の自分の仕事にどう結び付けていくのかなど、教育の根幹部分についても話は及んだ。欧米の教育と比較したときに、日本の教育が抱えている課題が少なくないことを強く意識されていて、これからの川端大臣の縦横の活躍が予想できるいい会合であった。

なお、大臣には珠算教育強化に関する要望書をお渡しして、要望内容の理解を得ることが出来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

No.254 平成22年度事業計画・収支予算の検討会議その1 at Tokyo Forum

318 320 322 325 326 321 11月7日、平成22年度事業計画・収支予算を検討する会合が開かれた。出席者は、理事長森友 建・副理事長森田悦男・副理事長松江 茂・検定部長大貝敏次・競技企画部長上川裕司・教育研究部長海老原嗣雄・珠算振興部長益田 明・専務理事中山 洋・事務局高梨順子の各氏であった。

■日珠連の22年度事業計画策定と予算編成作業の工程は、今回の各部会部長との検討会合を経て、12月12日と26日に正副理事長会を臨時に開催して原案を作成する。1月の総務会で細部の調整作業を行い、3月総務会で最終的に決裁したものを総会で承認を求めることになる。

Photo_2 18年度から検定試験受験者の趨勢は前年比プラスに転じ、その後数%の伸び率を堅持している。このことは財政の健全化に寄与し、積極政策を可能にするものである。
中長期的な戦術としては、PR活動の強化、再生産を期待する先行投資、構成員への還元にフォーカスした積極型経営を目指すことになる。

330 329 328 331 333 334 今回の会合では次のような事項を検討した。
①珠算教育強化活動の柱である各地での「たのしいそろばん」配布に伴う財政支出を補助金で支援する
②新規事業のそろばんポスターコンクールを開催して、優良作品の多岐に渡る活用を考える
③23年度から新しい競技会がスタートするが、各府県での予選会開催を推進し、奨励補助金交付を考慮する
④部会・委員会活動については、それぞれ自己完結型の展開を目指し、事務局への負担を軽減する
⑤珠算検定試験問題作成用ソフトの全面的見直しと、段位・暗算の新規ソフト開発などを総合的に行う小委員会(作業チーム)を編成し、作問クオリティの向上を目指す
⑥総会時の各部会・委員会の報告をペーパーでカバーして、双方向の審議・意見交換に時間を割くことで、内容の充実を目指す
⑦指導者講習会に替えて研究実践発表会を開催し、研究活動の実を挙げることにする

■以上の検討項目等を審議し、次回の予算会議で計画を具体化することにした。珠算教育を重視する世論が出来上がりつつある現況から、珠算人の組織としては渾身の努力と有効な活動が求められる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

No.253 平成21年度第2回全国連合代表者会議が開催される at Tokyo Forum

348 349 347 346 343 344 11月8日、平成21年度第2回全国連合代表者会議が東京フォーラムで開催された。出席者は、全珠連から梶川理事長・生駒、山口両副理事長・小原専門委員・事務局から竹口、安達の各氏が出席、全珠学連からは吉田会長・林検定委員長・猿渡事務局長・旦尾専門委員が出席、日珠連からは森友理事長・森田副理事長・堀野専門委員・中山専務がそれぞれ出席した。

■議案審議の内容は次の通りであった。
①21年7月から22年6月までの全国連合会長は全珠連の梶川氏が務める(任期は1年)。事務局も全珠連に移すことにした
②学校支援活動に使用するCD(動画)は、21年度は旧バージョンを使用する。学校サイドに配布する場合は感想・意見を求めるアンケート(所定のフォームで作成する)を依頼する。22年度からは3年生・4年生分をまとめた新しいバージョンを使用する(22年5月の代表者会議で試作版を視聴して決裁を行う)

Photo Photo_2
③21年度は、学校からのCD送付依頼があれば各地で対応することとする
④22年度からは、各地の「たのしいそろばん」配布小学校へCD1枚ずつを配布するが、費用は連合本部で予算化する
⑤11月10日に川端文部科学大臣と3団体代表者が懇談を行うが、その際珠算教育強化の要望書を提出する(内容の原案を検討した)
⑥21年度の副読本(副教材)「たのしいそろばん」配布数は全国で約52万部である(20年度は約46万部であった)
⑦第3回世界珠算暗算競技大会が8月16日に中国の天津で開催された。日本チームの勝又選手は1180点で6位、松田選手は1015点で8位、石川選手は600点で19位であった。優勝者は中国の朱選手で1750点であった。
⑧教科書出版会社との懇談(意見交換)は1月末以降に行うこととする

340 341 339 以上の内容を審議し確認した。学習指導要領改訂が終わり全国連合の活動も一段落した感がするが、23年度からの新しい教科書の中でそろばん指導がどのように扱われるのか、小学校現場でのそろばん指導がどこまで効率的に指導されるのか、小学校教員のそろばん指導スキルをどのように確保していくのか・・・など、今後の課題も少なくない。気持ちを引き締めると共に、知恵を絞って珠算教育の地固めを地道に今後も継続して行っていかなければならない。
★集合写真は小原先生撮影

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

No.252大商分銅杯争奪第5回珠算競技大会が開催される at Toyonaka

Img 11月3日、大商学園分銅杯争奪第5回近畿小中学生珠算競技大会が開催された。大会会長の大商学園高等学校 濱地茂樹校長から開会のあいさつがあり、続いて来賓を代表して、日本珠算連盟 森友 建理事長から祝辞を述べた。なお、今回は、寝屋川市に事務所を構える樽床伸二衆議院議員(5枚目の写真)が来校され、最終回となる本競技会に敬意を表し激励のあいさつを行った。

■本大会は、2005年に創立120周年記念事業としてスタートし、2009年の第5回大会をもって完結することになった。今回は、6府県から中学生148名、小学生370名、合計518名が参加した。各地からの来賓は26名を数え、12名の大会役員、100名を超える大会委員で、競技大会は予定された時間通りに進行し盛会裏に終了して有終の美を飾った。

Img_0001 大商学園高等学校の全面的な支援の下で、大商会(大商学園同窓会)が運営をリードし、まれに見る大きな規模の競技大会をスムーズに終了させたことは、今後のこの種の共催事業の成功モデルになるものであった。明治20年創立の当学園は、仁・義・礼・智・信の5つの徳目を生徒たちに体得させることを教育の基本理念にしているが、学校の内外に今までの教育成果がうかがい見れる。何をどのようにして指導し、教育していくかが極めて鮮明に提示されていることは、今後の同学園の学校経営上ますます有利に働くものと思われる。

309 310 311 312 313 314 祝辞の中では、
長期にわたる電卓・コンピュータの普及により、合理性と効率性が重視され、機械に頼る傾向が強まってきた。その結果、物事を継続して行う力が減退し、学力低下に微妙な影響を与えることになった。
しかし、今、珠算学習者が大幅に増加してきた。その理由は、そろばんを使って計算することの有用性と楽しさ、分かりやすさが理解され、基礎学力構築と学習意欲の獲得にも有効であることが明らかになってきたからである。今ひとつは、珠算式暗算能力に対する注目度の向上がある。
最近、珠算式暗算の素晴らしさと不思議さに内外の数学者が注目し始め、7月には珠算界と数学界が「珠算式暗算のメカニズム解明」をテーマに共同研究をスタートさせた。近い将来、その研究成果が世界の教育界に役立つことが期待される。
今まさに、珠算の教育的効果と社会的貢献度の高さに世間の注目が集まってきている・・・・と述べて、堂々とした戦いを願って締めくくった。

315 316 317 大商会の大西信二会長の夢と熱意がこのような大きな成果を生み出す結果につなっがった。夢と計画、実行がうまく揃えばこれほどのプロジェクトを成功裏に行えるということを見事に証明するものであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »