« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月22日 (火)

No.248 大珠協指導者講習会第2日目開催される at O.C.C.I

283 284 285 9月20日、大阪商工会議所で(社)大阪珠算協会主催の指導者講習会第2日目が開催され、約160名の受講者が各地から参集した。第1講は京都大学研究者 田中瑠璃子氏の講座で、タイトルは「そろばんスキルと研究活動」であった。第2講は奈良県で活躍の島岡成紀先生で、タイトルは「教室の魅力を伝えるPR」であった。

■田中氏は、日商1級満点合格者で、珠算3段・暗算4段を取得している。大阪の天王寺高校から岡山大学医学部保健学科に進み、卒業後京都大学大学院医学研究科に入学、修士課程を終えて、博士課程に進み23年3月には医科学(medical science) 博士号を取得予定である。
京都大学医学部付属病院輸血細胞治療部の研究室で主として白血病の治療についての研究を続けている。基礎研究と臨床をつなぐ「架け橋」となることを目指している。

286 288 289 講演の組み立ては、自己紹介+研究内容について+計算力と研究+研究を伝える+最後に・・・であった。白血病の治療法も日進月歩で、治癒率が年々向上しているが、日々の細胞レベルの研究には膨大な計算作業が含まれる。もちろんPCを駆使しての計算処理が行われるが、その間の計算ミスの予防や発見は極めて重要性が高い。

■学生時代に培った数感覚や計算処理能力は、毎日の研究活動の中で行われる数値計算の正確性確保に大きく役立っていることを強調され、そろばん学習の必要性と学問を行うときの効用を説く内容であった。

■日本珠算連盟の機関誌「日本珠算」の連載記事“そろばんで凄い人”の9月号で、彼女は「医学とそろばん」を寄稿し、その中で、珠算学習について触れ、夫々の専門・業務において能力を発揮する広義での「自己学習」の機会であると論考を結んでいる。

■珠算指導者の子弟には、有名国立大学に進むケースが多く、その上社会貢献度の高い職種につく人が散見される。そのような人たちは珠算の熟達した技能を身に付けており、それを研究など実務活動に活かしていることは間違いない。珠算学習の効用を明快にするには長いスパンの追跡調査が望まれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月)

No.247 日珠連第20回通常総会・第15回代表理事会開催される at Tokyo Forum

290 291 292 9月19日10時40分から正副理事長会議が開催された。続いて、午後1時から第20回通常総会(第15回代表理事会)が開催された。会場は東京フォーラムで、20年度事業活動報告と収支決算に関しての報告案が審議の上承認された。終了後、懇親会を行い6時半にすべての予定を終了した。

■今回も各地からたくさんの質問・提案・意見が事前に書面で提出された。意見・要望の内容は建設的なものばかりであり、真剣に日本珠算連盟の将来を見据えての発言であった。執行部としては、これらの発言については真摯に受け止めて、日本珠算連盟 森友 建理事長から誠心誠意回答を行った。

293 294 296 299 301 302 参考までに、当日回答を行った先生方からの発言要旨を紹介しておくことにする。
①伝票算の復活は如何か。また、検定試験の賞状サイズを大きく出来ないか
②読上算検定用CDのクオリティを高めて欲しい
③検定試験の一括計時について再考が必要では。都道府県連合会に助成金制度の導入を。日珠連のHPについて再検討が必要では。「たのしいそろばん」の内容に注文がある
④TVCMをもっと積極的に行って欲しい。会員からの負担金も考慮に入れてもいいのでは
⑤HPに、現職教員に対する珠算指導法の内容を掲載しては如何か。各地での珠算普及のためのイベント開催に当たっては補助金の支出があってもいいのでは
⑥第2次有識者懇談会の進捗状況について
⑦新しい定款・規則集の発行を望む
⑧重要なアンケートについては、単位連盟を通じて行うべきである
⑨新型インフルエンザに対する対応に万全を期して欲しい
⑩検定制度改訂後7年が経過したが、内容の見直しが必要ではないか。段位検定試験の珠算・暗算種目の分離実施を急ぐ必要がある
⑪生徒災害給付金の見直しなどを行ってもらいたい。学校支援珠算指導活動や副読本の配布に対して助成金制度が必要ではないのか。競技会の将来像について見解を。3団体合同の競技会開催の見通しは
⑫互助会会計からの事務管理費支出の正当性は。給付金の内容に一考を加えてみては
⑬事務局移転が必要ではないのか

■以上のような発言が書面を通して事前に行われた。これらの意見・提案については、10月にスタートする予算編成作業の中で極力反映させ、発言者の意図に沿って日珠連発展に役立つように配慮を行っていくことにしたい。真剣に発言いただいた十数名の先生方に感謝している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

No.246 第46回東西珠算懇談会開催 その4 at Crown Plaza Kobe

Simg_4003 Simg_4011 Simg_4022 8月23日~24日に第46回東西珠算懇談会がクラウンプラザ神戸で開催された。メインイベントのシンポジュームの内容についてはNo.245に前半部分を掲載したが、残りについては下記に概要を記載しておく。なお、シンポジュームに先立ち基調講演と講話が行われたが、それらの報告はNo.239+No.242で行っているので参照して欲しい。

■各パネリストに行った質問に対する回答を箇条書きで記載しておきたい。
⑤これから先のそろばん教育(指導・学習)はどのようになっていくのでしょうか
*教員に対し、そろばんに関する意識改革のための研修を行い、合わせて、指導力の向上を図ることにより、わが国の優れた文化の一つとして「そろばん学習」は定着していくであろう
*早く計算できるための道具としてその使い方を指導するというよりは、数の構造や、計算のアルゴリズムを理解したり、自分で考えたりするための教具として活かしていくことが出来るのではないか。そのためには、珠算の単元と他の単元(特に数領域)とのつながりを意識して、互いの単元を指導できるとより意味のあるものになるのではないか
*毎日の継続した指導時間が確保できれば学力向上に大いに役立つ
*学校での工夫によって時間の確保を行って実施する学校を増やせば効果がはっきりと現れる
*今後は、そろばん教育に対する啓発と指導者の育成が必要になる
*尼崎市など自治体としてそろばんに取り組んでいただいている成果がはっきりと出て、学力向上のために非常に有効であるということが分かれば状況は変わるかも知れない

Simg_4093 Simg_4114 Simg_4120 ⑥これからの珠算界の課題は何でしょうか
*伝統的な計算の道具であるそろばんだけで勝負するのか、学力向上のためのさまざまな手法と組み合わせたそろばんの指導を行っていくのかの選択であると思う
*指導者の育成が急務である
*算数・数学教育においても、思考の道具、文化としての算数・数学などの観点などからその意義を検討していくことが課題である
*教員養成大学のカリキュラムの中に、そろばんに関する講座を設けてもらうように働きかける
*そろばんに関する教員研修の必要性を、教育行政機関に訴えていく

■⑥そろばんの総合的(学際的)研究の必要性をどう考えられますか
*学力向上の一つの手立てとしてデータを集め研究する必要がある
*計算技能上達以上の効果について、定量的な測定も含めて、一般の方に分かりやすく説明が出来るような研究が必要である
*珠算の意義を広い視野から検討することは価値のあることである
*算数・数学教育の中で、そろばん学習がどの程度の役割を果たしうるのかなど、その関連性を中心に研究を深めていく必要がある

⑦世論に対してそろばんの効用を説明・説得する良策は何でしょうか
*尼崎市のような取り組みを行い学力向上やそれ以外の生徒指導面などにおいて効果が上がれば、世論は反応する
*市町村単位や学校単位でも良いと思うが、そろばん教育を市町村や学校の重点教育の一つに入れて取り組み、その成果が上がれば世論は動く
*そろばん体験者と学力の関係を分析し、その成果を公表するのがいい
*児童や保護者にアンケートを実施し成果を公表するなど広報に努めることが必要である
*科学的なデータをもって検証した結果を示すことだと考える
*そろばんで計算するという活動は、脳の活性化や集中力の向上など人間形成に役立つことに注目させると良い
*そろばんで計算することは人間的な営みであることを強調すると良い

280 281 4名のパネリストに、夫々の分野で何に力点を置いて活動しているかを尋ねた
*基礎的・基本的な知識や技能を算数的活動を通じて確実に習得させるために、そろばんを含む学習具の開発・整備に重点を置いている
*最近の数学教育では、今まで以上に思考力・表現力・創造性などの育成が課題になっている。教員養成大学での教員養成・現職教育では、そのような点を強調し、教師の指導力をつけることが重要な課題と考えている
*尼崎市計算特区展開では、計算力の向上に努め、基礎基本の定着を図り、学力向上に努める。合わせて、そろばん指導の時間の確保に努めている
*今後10年間の大阪の教育が目指すべき方向と、今後5年間の具体的取り組みを示す「大阪の教育力向上プラン」(21年1月28日策定)に基づいて諸策を展開している。大阪の教育が大切にする三つの理念は、地域に根ざす、違いを認め合い子供一人ひとりの力を伸ばす、前向きに生きる姿勢を育むである。三つの目標は、学校力を高める、学校・家庭・地域をつなぐ、子供たちの志や夢を育むとしている

■2時間に及ぶ議論の中から、たくさんの提案や指摘、意見、示唆が示された。これからは、珠算界の組織をあげて調査・研究・実験などを積み重ねて、なぜそろばん学習が必要であり効果的であるのかについての、より分かりやすい説明が出来るようにデータの収集と資料の整備を急ぎたい。刺激的かつ効果的な今回の企画であった。

■今回のシンポジューム内容は、(社)大阪珠算協会HPトップ画面の「報告」をクリックし、シンポジュームその1~3 をご覧ください。2時間の討議内容が動画で視聴できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

No.245 第46回東西珠算懇談会開催 その3 at Crown Plaza Kobe

Simg_4003 Simg_4011 Simg_4022 No.239とNo.242に記載の通り、8月23日~24日にクラウンプラザ神戸で、第46回東西珠算懇談会が大阪珠算協会当番で開催された。メインイベントはシンポジュームで、タイトルは「小学校教育の中でのそろばん指導」~どのように強化を実現するか~であった。

■パネリストは、大阪教育大学 柳本朋子教授+算数・数学教育アドバイザー 小西 繁+尼崎市教育委員会学校教育課 幾田喜憲課長+大阪府教育委員会主任指導主事 松元利男主査の4名の先生方であった。コーディネータは日本珠算連盟 森友 建理事長が務めた。

■事前に数項目にわたる質問を設定して各パネリストにレポートを書いてもらった。その中で、重要な指摘が得られたものを以下に拾い上げて記録にとどめておくことにした。

Simg_4033 Simg_4034 Simg_4040 ①そろばんの何を評価されていますか(good points)
*便利な道具であるのに非常に単純(電気もいらない)な構造である
*そろばんの技術習得で、早く正確に計算が出来るようになる
*そろばん学習を通じて集中力や記憶力が向上する
*数を量で表現でき、そろばんの構造そのものが数を視覚で捉えることが出来る
*量の概念や繰り上がり繰り下がりの仕組みを理解する上で優れた道具である
*日常生活で、数に対する認識を広げ、計算を活かそうとする態度の育成にも役立つ
*技術力の向上や、基礎学力の向上につながり学力向上へとつながる
*数の構造や計算のアルゴリズムが視覚化されている
*手作業をするということが右脳の活性化につながる
*電卓で扱う以上の大きな数も容易に表すことが出来る
*自分で手を動かすことで、数の構造や計算のアルゴリズムの理解を深める
*新しい数学の世界を作り出せる
*数感覚を豊かにすることが出来る
*計算のプロセスをイメージ化してとらえられる

Simg_4046 Simg_4059 Simg_4047 ②算数科でのそろばん指導(3・4年生で約6時間指導)は適正でしょうか
*3・4年生に対する指導だけでは不十分である
*発達段階に応じ朝の会などでそろばんを使った学習を実施すべきである
*十進構造や四則計算のアルゴリズムを理解するための道具としては小学校中学年がいいと思う
*教育課程の中で指導時間を確保するには工夫が必要である

■③学校支援珠算指導活動(ボランティア活動)をどう評価されますか
*珠算人の取り組みの姿勢には感謝している
*地域やその道の専門家の協力を得て活動を行うことで教育効果が上がると考えている
*支援される学校の教師が、取り組みの事前事後にどのような指導を子供たちに行うかによって、効果は違ってくる
*3年生のそろばん指導は有意義であった
*継続した指導でないので、学習の定着という点では困難な点がある
*珠算を算数科の中で独立した単元として扱うのではなく、算数のほかの単元との関連を意識し、学校と珠算の両方の指導者が協力できるとより効果的になるのでは
*そろばんの指導が出来ない教師に代わって子供の指導を実施してきた功績は評価できる
*今後は教員が自らの手でそろばん指導が出来るようにしていくための活動にシフトしていくべきである

■④基礎学力構築とそろばん指導のかかわりについてどう考えられますか
*多面的なそろばん学習の効果が、全体的に基礎学力の育成に役立つと思う
*そろばんは、数と計算の教育において、数を視覚化し、手を動かして扱うことが出来るため、自分の言葉で考えるという場面を作ることが出来るのではと考える
*授業に集中する態度が養われ、他教科授業態度への波及が見られる
*具体物を用いて、視覚に訴えながら基礎的な計算を習得するには有効である
*繰り返して正確に早く計算することにより、数字へのアレルギー(苦手意識)がなくなるのではないかと思う

■続きはNo.246に掲載する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

No.244 役員・ブロック長懇談会開催 at O.C.C.I

271 270 267 268 269 272 9月12日、(社)大阪珠算協会役員とブロック長間の懇談会が開かれた。テーマは、「22年度PR事業の展開について」であった。21年度から、大珠協独自のPR活動が展開されている。今年度は500万円を投じて、読売新聞1ページ全紙を使っての意見広告である。同時に所属塾二百数十の塾名+所在地+電話番号を一覧で掲載した。

■珠算界全体では、日本珠算連盟が3500万円を投じてTVCMを放送中である。全珠連では2000万規模のPRを毎年独自に行っている。近畿連合でも、今年度は1250万円を投じてTVCMを中心に活動を行っている。その上に、大珠協単独の500万円規模のPR活動を行うことの意味は、極めて大きいといわねばならない。

277 278 279 274 275 276 今まさに、重層的・複合的に全国規模・エリア規模・地域規模で各種媒体を使っての広報活動を行っている。このことに大きな意義がある。年間を通じて、各種組織がさまざまなスタイルのPR広報を行うことで、強力な効果を挙げつつあると確信している。22年度は、今一層グレードをあげて総力戦的なPR展開が期待される。今こそ手を緩めることなく、世論に向けて、「今、なぜそろばんなのか」についての説明を行い、珠算の必要性をアピールしなければならない。

■当日の論議では、つぎのような意見・提案があった。
①新聞紙上で、組織代表者と有識者の対談記事を掲載して欲しい(神戸でのシンポジュームが良かった) ②新しいイベントを企画し、メディアの自主取材を期待したい ③優良生徒表彰式典に知事・市長の出席を実現させたい ④学校支援活動時に九九表(加減の九九も記載したもの)を生徒に配布するといいのでは ⑤ショッピングセンターなどでミニ大会を開催することも地域の広報に役立つのでは ⑥8月28日に1面全紙広告を行ったが、3月であればもっと効果が期待される ⑦今回のモデルの少年は爽やかであるが、もっとたくましさを前面に出してもいいのでは ⑧各ブロックに50万円ずつPR費として配分するのも一案だ ⑨外国人講座の各国からの受講生をモデルにしてポスターを作成してはどうか ⑩紙面の余白に、段位か1級の合格者名を掲載しては ⑪協会加盟塾のメリットを書き込むことは出来ないものか/差別化を計ることが必要な時代になってきている ⑫紙面の片隅に大珠協のHPアドレスを記入すべきである ⑬紙面の片隅にQRコードを掲載するようにして欲しい ⑭高齢者への指導を考えてもいいのでは・・・。

■議論の内容から、また懇談の雰囲気から推し量って、今後の珠算教育強化に向けてのあるべき広報活動とPR展開のデザインとプランは見えてきたのではないか。現今の良好な時代の流れに上手く乗り、より効果的な協会運営が望まれていることを実感した。22年度の組織運営に活かしていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

No.243 平成21年度第3回正副理事長会・総務会が開催 at Tokyo forum

Img_0001 Img 9月8日、21年度第3回正副理事長会並びに第3回総務会が東京国際フォーラムで開催された。正副会で議案として検討した項目は次の通りである。なお、この会合の出席者は、森友理事長、森田・松江・鈴木・佐藤の各副理事長+日商小野・立松各部長+担当課長+中山専務理事+高梨・原田事務局員であった。

253 254 255 266 257 258 259 260 261 263 264 265 検討テーマ
①日珠連事務局移転問題・・・連盟の業容拡大に伴い、現事務所が手狭になり、事務処理遂行に支障をきたしてきた。事務局員増員がスペース上不可能であり、4千数百人の所属会員の満足を得る連盟の業務展開を行うには、新しく広いスペースを持った事務所への移転が必須となった。年度内に決着を目指して作業を行うことにした。
②第2次そろばん有識者懇談会のメンバーが決まった。四日市大学付属関 孝和数学研究所所長 上野健爾先生を座長に、有田・幾田・岡部・小川・小西・畑村・森田(聖一)・柳本・芳原の各先生方+日商 宮城常務理事+日珠連 森友理事長である。第一回総会は10月開催で調整を行う。なお、具体的な研究テーマの一つに、「珠算をベースにした小学校算数教科書」の作成を予定している。

Photo ③検定試験実施時の新型インフルエンザ対策・・・日商サイドで対応のマニュアルを作成し、諸状況における判断を的確に行えるようにする。また、日珠連所属の各塾内に掲示する、生徒向けの注意喚起のポスターを作製し配布することとした。
④19日に予定されている総会に向けての意見・提言が全国各地から16件寄せられているが、出来る限り誠心誠意回答と応答に務めることを確認した。
⑤段位検定試験の珠算と暗算を分離することに関しては、そのように取り扱う方向で11月総務会で審議を詰めていくこととした。

Photo_3 これらの項目については、今後の連盟組織の効率的な運営や、珠算教育強化を推進していく上で、早期に解決すべき重要懸案と認識して、速やかに道筋を明らかにしていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

No.242 第46回東西珠算懇談会 その2 at Crown Plaza Kobe

Img 8月23日午後1時、第46回東西珠算懇談会が幕を開けた。主催地代表者の開催挨拶、基調講演、講話に続いて、2時30分~4時30分までシンポジュームが行われた。メインテーマは「小学校教育の中でのそろばん指導」~どのように強化を実現するか~であった。

■パネリストは、① 大阪府教育委員会事務局市町村教育室小中学校課教務グループ 主任指導主事・主査 松元利男先生 ② 大阪教育大学教授(教員養成課程・数学教育講座) 柳本朋子先生 ③ 尼崎市教育委員会学校教育課長 幾田喜憲先生 ④ 算数・数学教育アドバイザー 小西 繁先生 である。コーディネータは日本珠算連盟理事長・(社)大阪珠算協会副会長 森友 建が務めた。

Simg_3920 Simg_3967 Simg_3975 Simg_3978 Simg_3990 Simg_4003 展開は、①各パネリストの主張(自己紹介をかねる) ②そろばんの何を評価するか(good points) ③基礎学力(算数)構築とそろばん指導の関わりについて ④小学校教師のそろばん指導力確保をどう実現させるか ⑤学校支援珠算指導活動の評価と強化策は ⑥尼崎市立全43校でのそろばん指導から何を学ぶか ⑦小学校でのそろばん指導(6時間)に加える工夫は ⑧これから先のそろばん教育はどうなっていくのか ⑨そろばん学習の必要性と効果を伝える良策は・・・以上の各項目について各パネリストと議論を交わした。

Simg_4011 Simg_4022 Simg_4033 Simg_4034 Simg_4040 Simg_4046 発言に当たっては、聴衆が理解しやすいように、簡潔かつ要点を明快にすることを確認しての展開であったので、時間を有効に使うことが出来た。事前に各項目についての考え方をレポートにまとめ提出してもらったが、このことが大いに役立った。

Simg_4047 Simg_4059 Simg_4067 Simg_4093 Simg_4096 Simg_4120 最後に次のようにまとめてシンポジュームを締めくくった。
技術立国を目指す日本にとっては、教育を再生させ、子供たちの学力向上を実現させることは正に喫緊の課題である。
そろばん教育を推進し、子供たちの情緒を安定させ、学習意欲を向上させることで、基礎学力の確保を実現させることが出来れば、おのずから総合学力の向上が期待できる。その過程で、そろばん教育に対する社会的評価も定まり、ひいては社会貢献の実現にもつながるものと考えている。
私たちは、今後もそろばん教育強化のために組織を挙げて努力を惜しまない覚悟である。
今後、パネリストの先生方にもご指導とご協力をいただきながら、そろばん教育の強化と推進を目指していければ幸いである。
現在、珠算界が直面している問題を多角的に論じることで、全体像がかなりクリアに見えてきたのではないかと考えている。珠算教育強化の手を緩めるのはまだまだ先のことである。
*写真は内田理事が撮影したものを掲載した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »