« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

No.169 20年度役員・ブロック長懇談会開催される at O.C.C.I

001 002 003 8月30日、(社)大阪珠算協会定例行事の一つである“20年度 役員・ブロック長懇談会”が開催された。毎年この時期に、次年度に向けての協会運営に関する意見・提案・見直しを目的に開催される会合である。

■今回は、理事・監事・顧問・ブロック長が参加し、協会事業の効果をどう高めるか、珠算教育の社会的評価を如何に向上させるか、協会内の事務効率を高める方策などを忌憚なく話し合うことができた。

005 009 010 役員サイドからの主な発言は次のようなものであった。
① 会員相互の諸連絡はメールで行うことを促進させていきたい。
② 月報に掲載する興味深い記事の確保に力を注ぎたい。
③ 8月24日に行われた全大阪オープン珠算選手権大会から併設された、チャレンジャーズ・ステージの実施は好評であった。大阪の選手地盤強化に貢献できる内容の企画であるから、今後の展開に力を注入していきたい。
④ 協会主催の女性の集いを企画して、女性のパワーをもっと協会運営に活用し、効果につなげていきたい。
⑤ 下級検定試験の各ブロック単位でのPC筆耕が100%実現した。今後は、7~10級までの随時検定の普及に力を注ぎたい。
⑥ 「外国人のための珠算講座」は地元定着型のプロジェクトであるが、今後は要請にこたえて海外にも出張指導が行えるように準備を整えたい。
⑦ プリント会計のPC処理化を早急に実現させていきたい。

011 012 013 ブロック長サイドからは次のような意見・要望が出た。
① 役員選出作業を行う推薦委員会の構成メンバーからは現職を除いて編成するほうが望ましいのでは。
② 優良生徒表彰式典のイベント(企画)設定に工夫がほしい。
③ 同上行事への参加塾数が少なすぎるのではないか。
④ 若年層からの人材発掘・登用にもっと意を用いたい。
⑤ 会員各自の諸行事への参画意識をどのように高めていくのか努力したい。
⑥ 会員各自のPR関連投資が少なすぎる。
⑦ 他団体との共同歩調をもっと強化してもらいたい。
⑧ 常務理事会の役割に工夫を・・・中長期的展望を行うことにエネルギーを注入してほしい。
⑨ 新しい指導者の養成にもっと力を注いでほしい。
⑩ 非会員に対する入会勧誘を積極的に行って生きたい。

■項目によっては真っ向から意見の食い違いが出たが、判断基準の定め方を誤らない、原理原則を踏み外さないことなどを留意すれば、各参加者の目指す方向は同じであり、エネルギーを合同する上で何の問題もない。
日日の珠算指導を、日本の教育水準向上と基礎学力向上に役立て、人間力をしっかり確保させることにつなげていくことを常に忘れないで活動を続けていければ必ず前途は開けてくるはずである。
参加者が本音で語り合う場になったことで成功であったといえる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

No.168 日本数学協会vs日珠連懇談会 at the Univ. of Tokyo

243 242 8月24日東京大学数理科学研究科で、日本数学協会幹部と日本珠算連盟代表者との懇談会が開催された。
23日~24日に、日本数学協会の第6回年次大会、ヤングセッション、懸賞問題表彰、実習講習会ならびに臨時総会が開かれた後、4時から6時まで懇談を行った

■日本珠算連盟からは、森友理事長・鈴木副理事長・藤井編集委員長・草柳珠算強化連合委員会委員長・堀野連合専門委員会委員・飯沼アバカス倶楽部メンバー・中山専務理事が出席した。
日本数学協会からは、上野会長(京都大学大学院教授)・岡部副会長(埼玉大学教授)・岡本副会長(東京大学教授)・小川幹事(四日市大学教授)・菅原幹事(大阪教育大学教授)・有田幹事(小学校教諭)が参加した。

Photo 日本数学協会(会員数900名)は、数学を学ぶ楽しさ、珠算や和算といった伝統数学の研究・普及、さらに数学の活用に関する研究や数学に関連する諸学問分野の進展に積極的に寄与しながら、日本の数学文化の向上に努めることを目的として、平成14年12月に設立された研究組織である。

■上記設立の目的のうち、珠算・和算の研究については、日本商工会議所と日本珠算連盟がその対応に当たることを前提にして協会運営が行われてきた。設立以来6回の年次大会、7回の総会、3回の臨時総会、24回の幹事会が開催され、論集『数学文化』(第10巻まで発行)の刊行、講演会・研究発表、座談会、ワークショップ、ヤングセッシヨン、講習会などを開催運営してきた。

Photo_2 設立7年度目を迎えて、協会組織の片翼を担う日本珠算連盟が行いうる協力・参画の内容の再点検を行い、日珠連と日数協の両組織の役割分担をより明確にすることを目的に今回の懇談が行われた。

■今までに明らかになってきた問題点と課題は、一つは珠算人サイドからの研究発表が少ないことである。次いで、日本商工会議所主催の「計算力・思考力検定」受験者数の増加対策である。
一つ目の問題については、まず『数学文化』への寄稿を増やすことであり、次には各種研究発表の場での発表数を増加させることである。

■『数学文化』への寄稿を増やし、各種発表の場での研究発表を増やすために、具体的な研究課題を明らかにして珠算人に示すことと、今までに各種の研究活動を行ってきている珠算人のリストを作り、上記のタイトルでの寄稿あるいは発表についての個別マッチングを行い、個々にダイレクトに依頼することを優先させて実施していくことにしたい。

■研究課題については、珠算の歴史、中国での速算法、中国での珠算教育の現状、そろばんの材質や形状、帰除法、速算法、省略算、誤算発見法、上二珠そろばんの使用法、算数教科書でのそろばんの面白い活用法などなどである。

■数学で求める答えは決して一つではないということ、また計算する過程を如何に大事にするのかということなどを念頭において、珠算指導を数学学習時の柔軟性確保に活用できれば更なる珠算評価につながるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

No.167 第24回「ふさんけん」夏季研修会開催される in Osaka

231 230 228 8月18日、上六のアウイーナ大阪で大阪府公立小学校算数教育研究会主催の第24回「ふさんけん」夏季研修会が開催された。大阪府下の小学校教員で算数をメジャーとする約550名が参加した。

■内容は、⑴ 研究発表が ① 「算数を好きにさせるノート作りの工夫」
② 「診断テストから見た 学力の推移について」 ③ 「問題解決能力の育成ー自己評価と相互評価を生かしてー」の3こま。
⑵ 郡市交流

■⑶ 研究部企画研修 「確かな学力を向上させるための『算数の品格」』」は、算数・数学教育研究アドバイザーで前兵庫教育大学非常勤講師の小西 繁先生が講師を務めた。

■講演会は、「大阪発 全国発信 算数科 学力向上推進をめざして」と題して、大阪教育大学准教授 柳本朋子先生が担当した。

■大会議室は約550名の教師の参加で熱気に包まれていた。研修会の主たるテーマは、新しい学習指導要領に記載された算数科の目標を如何に正しく理解し、教室での授業の中で実現させていくのかに絞られていた。

■算数科の目標とされている内容を実現させながら、確かな学力を向上させていくためのさまざまな実験や工夫を広く公開することで、大阪府下の学校教育の実効性を高めていこうとする企画であった。

■研究企画研修での小西先生の講演の中で、学習具としてのそろばんの活用方法についての研究成果が発表され、今後の算数科でのそろばん活用の手法とその効果が細かく語られた。
参加の先生方の中から、そろばん指導の工夫や研究を始めてみたいという声が出てくるのではないかと、期待を持たせる会場の雰囲気であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

No.166 第2回珠算指導者養成講習会開催される at Tokou Hotel

Photo Photo_2 8月9日(土)、第2回日本珠算連盟珠算指導者養成講習会が開講式をおこなった。本講習会は2泊3日の日程で大阪市内の東興ホテルで開催された。第1回目は昨年東京で開催され14名の参加者であった。今回は近畿を中心に30名からの申し込みを受け全員が出席した。

Photo_6 Photo_7 珠算指導者が高齢化し、近い将来珠算指導者の数が激減し、珠算教育に大きな支障が生じることが予想されている。本イベントはこの課題を解決するための方策として、将来珠算指導に携ってみたいという人たちを募って、珠算指導者としての基本的な技術指導、塾経営のあり方などを講習するために企画されたものである。

Photo_5 初日のスケジュールはオリエンテーションの後、理事長からの開講挨拶、参加者・関係者の紹介、続いて、「珠算教育と珠算界の周辺」というテーマで森友理事長が講演した。中山専務理事からは日本珠算連盟の事業紹介が行われた。次に、参加者全員で情報交換会を行ったあと、夕食懇親会が開かれた。

■二日目は、フラッシュ暗算実技、塾経営、基礎指導法が講義され、3日目は読み上げ技術、誤算発見法、暗算指導法が講座としてラインアップされている。講義が終了した後修了式が行われ理事長から終了証書・単位修得認定書が授与され、閉講の挨拶で幕を閉じることになる。

Imgp0365 Photo_5 Photo_7 Photo_6 Imgp0362 Imgp0371 参加者全員から本講座受講の動機が聞けたが、次のような内容であった。① 将来高齢者に珠算指導を行っていきたい ② 自閉症などのハンディを背負った子どもたちに珠算指導を行いたい ③ 珠算を指導してもらった恩師からの勧めで受講した ④自分が珠算練習で学んだことを次代を背負う子どもたちに伝えていきたい ⑤ 子育てが終わり、何か世の中のためになりたくて珠算指導を目指している ⑥ 金融機関で長年勤めたが機械類にうんざりして、長年練習した珠算指導に方向を転換した ⑦ 学習塾を経営する中で、算数・数学に効果を及ぼす珠算指導のあり方を模索したい ⑧ 珠算指導助手を務めているが、低学年の生徒に対する指導法を考え直したい ⑨ 長年の珠算練習から会得した something special なものを子どもたちに伝えたい ⑩ 正しい珠算指導のあり方を整理してみたい・・・などの声が聞けた。

88810005_8 88810013_8 Photo 韓国のソウルから本講座を受講するためにわざわざ来日した李 英姫(い よんひ)さんは、広島市生まれ日本育ちの韓国国籍在日三世。5歳から日本で珠算を学び、現在はソウルの建国大学で日本語教育学を専攻する3回生である。10年間、韓国語を韓国で学び日本語と韓国語のバイリンガルである。卒業後は、広島に戻り韓国語・日本語・珠算を指導する国際塾の創設を夢見ている。

88810019_8 88810021_8 PhotoPhoto_8  Photo_2 Photo_4  参加者のバックグラウンド、キャリアは個々まちまちであり、唯一珠算指導というワンワードを共有しながらの3日間の共同生活であるが、お世話をする側の先生方もいろんな意味で学ぶことの多い企画である。参加者の立派な珠算指導者になりたいという熱意がかなえられる日が早く来ることを祈りたい。
*写真は事務局スタッフが撮影したものを掲載した。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

No.165 『脳教育2.0』~子どもに最も必要な能力HQ~7月に発刊 in Japan

Photo 『脳教育2.0』~子どもに最も必要な能力HQ~(講談社)が7月に発刊された。著者は澤口俊之理学博士(人間性脳科学研究所所長・北大理学部卒・京大動物学専攻博士課程修了・エール大医学部神経生物学科リサーチフェロー・京大霊長類研究所助手・北大大学院医学研究科教授を経て現職。

■『わがままな脳』、『あぶない脳』、『幼児教育と脳』『モテたい脳・モテない脳』、『幸せになる成功知能HQ』などの著作がある。本著では、8歳までが勝負!!読み・書き・算盤+音楽で子どもの脳は劇的に変わる!と帯に書かれている。

■就学前のひと工夫で子どもの脳をヴァージョン・アップというタイトルで、子どもたちが社会的成功をおさめ、幸せな人生を送るために何が最も必要なのか?そのカギは幼少期におけるほんのひと工夫、そして「脳のオペレーティング・システム」HQ(humanity quotient:人間性知能) に隠されていた!・・・・と書いている。

■本書の118ページには次のような興味深い記述がある。“幼児期に「基本科目を」教えるべきである。基本科目とは、寺子屋と同様に、「読み書き算盤」である。加えて音楽があればもっといい。これで多重知能のほとんどを幼児期から育成できる。音楽はとくに重要で、歌うことに加えて楽器演奏が適当である。
算盤も適当である。計算では数字などの記号を使うこともよいが、算盤が適当なのは、「手を細かく使う」という要素が入るせいだ。これによって身体運動的知能を伸ばすことができる。また、算盤で暗算をすることによって、計算能力のみならず、イメージ力(絵画的知能の重要な要素)も育成できる。ー周知のように、算盤での暗算は珠の動きをイメージしながら行う。算盤は、電卓やコンピュータの普及により「過去の遺物」と思われがちだが、算盤には「計算する」ということを超えた大きな意味があることは間違いない。

■したがって、読み書き算盤+音楽ー最低限これだけの「基本科目」は保育園や幼稚園で教育すべきである。・・・・さらに、読み書き算盤はHQの中心的機能である「ワーキングメモリ」を伸ばすうえでも有効であることや、音楽がHQ向上にかなり効果的なことが私たちの研究でわかってきている。こうした点からみても、読み書き算盤+音楽は幼児教育の基本科目として妥当である。”

■今までの、なぜそろばん教育が子どもたちの脳機能を高めるのかという説明とはいささか違った形で、そのメカニズムを解明していることが新鮮であり、いま少し突っ込んだ説明を聞いてみたい気がする。
新しいそろばん教育有用論の登場で、珠算人の注目が待たれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

No.164 洛南高校が付属小学校開設を決める in Kyoto

057 058 059 060 061 062 洛南高校・中学を運営する学校法人真言宗京都学園(京都市伏見区)が早ければ2012年4月にも付属小学校を開設することが明らかになった。進学校として名を売る同校が小・中・高の12年間一貫教育に乗り出すことで児童の獲得競争にも影響が出そう。

■開校地は京都市南区と向日市寺戸町で、キリンビール京都工場跡地の約19000平方メートル。用地の北側にはJR東海道線の新駅「桂川駅」が10月に開業する。基本構想では、一学級40人の共学で一学年3学級。全校生徒数は720人規模となる。同高校柴垣校長は「礼儀や行儀作法を主体とし、人のため、世のためになる人材を育てたい。読み、書き、そろばんなど基礎学力も徹底する」という。

■すでに同志社、立命館が2006年に付属小学校を京都市内に開校していて、私立小学校の生徒獲得競争が激化しそう。しかし、基礎学力の低下傾向が止まらない公立小学校での教育建て直しに今しばらくは時間がかかる現状では、私立小学校への入学希望者の増加傾向は止まらないのではないか。

■特に、立命館小学校では基礎学力確保に軸足を移して、そろばんの導入を行って効果を挙げている。今回発表の洛南小学校でも、先発私立小学校に習って算数科の学力確保の手段としてそろばんの導入を企画していることは注目したい。また、人間作りに力点を置く基本計画にも興味がわく。

■日本人が持ち続けてきた人間としての高いクオリティーが急速に低下している現在、人の基本の部分をしっかり構築するというグランドデザインには共鳴したい。京都には宗教団体が経営母体となっている学校は多く、今回も真言宗が経営母体であり、今の世の乱れをどう正常化させるかについては、宗教団体が本気で事の重大さを認識して、解決にもっと力を注ぐ流れが出来上がってくることを期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

No.163 紺野美沙子さんの著作『ラララ親善大使』発刊 in Japan

Img_0001 8月2日、月例の(社)大阪珠算協会ブロック長会が開かれた。席上、Aブロック長 上杉宗俊先生から女優 紺野美沙子さんが5月に発刊した著書『ラララ親善大使』が紹介された。

■紺野さんは1980年NHK連続テレビ小説「虹を織る」に主演。その後、テレビ・映画・舞台に活躍する傍ら、エッセイ「空飛ぶホタテ」を著し日本文芸大賞女流文学賞を受賞された(1995年)。1998年には、国連開発計画(UNDP)親善大使に任命され国際協力の分野でも活動を続けている。

■紺野さんは、親善大使に任命されてから7つの開発途上国と地域を訪問している。親善大使の役割は、世界の国々の3分の2を占める開発途上国でのUNDPの活動を知ってもらうことと身近に感じてもらうことである。

■紺野さんのほか、ブラジルのサッカー選手ロナウドさん、フランスのサッカー選手ジダンさん、ノルウエー王国のホーコン皇太子、コートジボワールのサッカー選手ドログバさん、ロシアのテニス選手シャラポアさんの計6人がUNDP(国連開発計画)の親善大使を務めている。

■アジアで唯一のUNDP親善大使である紺野さんは、開発途上国を訪問し真の豊かさと貧しさを身をもって体験し、平和で豊かな日本の現状を改めて実感しながら、同時に世界中に貧困に苦しんでいるたくさんの子供たちがいることを知った。

■紺野さんは、自分以外の第三者に関心を持つこと、思いやりの気持ちを持つことが大切であり、国と国との助け合い、支え合いが今こそ急がれると読み手に語りかけてくる。
読みやすい内容と編集の巧著であり、読後は平和のために何か自分にできることから始めていきたいと思わせる。ここで、紺野さんの著作の狙いと読者の気持ちがうまくクロスする。

■上杉先生のご長男上杉宗一氏は東大阪市で上杉鍼灸・整骨院を開業されているが、紺野さんとは友人の間柄であることが今回の著作紹介につながった。
世界に広がるそろばんを目指す珠算人としては、この著作を読むことで紺野さんの親善大使の役割を少しでもサポートできれば幸いである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »