« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月25日 (日)

No.154 モンゴル国でそろばん普及の兆し

Photo 2007.12.22、深江茂樹先生と山田康夫先生が(社)大阪珠算協会の「外国人のための珠算講座」を見学された。目的はモンゴル国で将来そろばんを普及させたい、またできれば小学校でそろばんを教科で指導できるように努力したいので、外国人への指導のノウハウと講座運営についての情報を聞かせてほしいと言うことであった。(右端が山田教授・中央がデレグさん)

■深江先生は長年大阪商工会議所に勤められ、理事・事務局長から東海学園大学の経営学部教授に転出された、昨年教授職を辞されて研究生活に入られた。山田先生は深江先生の長年の友人であり、2005.10から2年間JICAのシニア隊員としてモンゴルに渡り大きな業績を上げられ、2008.2からはモンゴル文化教育大学の教授に就任され教鞭をとっておられる。

■3月には早速モンゴルの教育文化科学省の初等教育担当官に、続いて大統領の教育担当補佐官にそろばんの有効性について話をされた。大統領へ話が通じ理解されれば企画は一気に進展する。
つづいて、民間人のデレグさんのそろばん普及に関しての協力も得られ、官民両方からのアプローチが現実のものとなった。デレグさんは日本通で日本語の通訳者・翻訳者であり、モンゴル囲碁将棋協会の会長でもある。

■彼は、夏目漱石の「我輩は猫である」、司馬遼太郎の「明治という国家」、新渡戸稲造の「武士道」など多数の翻訳書を発刊している。そろばんの普及に自身の事務所の提供などを約束され、5月17日には「モンゴル算盤協会」が設立された。

■山田教授を中心にウランバートルの日本人会のメンバーがそろばんの指導に当たる計画であり、順調に運べばJICAのそろばん指導者の派遣につながる。人口270万人の国でのプロジェクトであるから、大統領のそろばんに対する理解が得られればスムーズな進展につながるのではと期待している。

■(社)大阪珠算協会では、日本とかかわりが極めて深い友好国モンゴルでのそろばん普及と小学校での活用を目指す今回の企画には、可能な限りの協力とサポートをすることにしている。そろばんを初等教育の中で役立てていくことは両国の共通の教育課題であるからである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

No.153 近畿連合総会 特別講演 at Bentencho

Img_0038 Img_0039 Img_0040 Img_00531 Img_00551 Img_00571 5月18日ベイタワーホテル大阪で20年度近畿連合総会が開かれた。日珠連の各団体から91名、全珠連各団体から40名、全珠学連各団体から16名が参加した。賛助会員4団体から5名の代表者も参加した。来賓・講師2名を合わせて計154名であった。

■近畿2府4県の3団体所属各団体が構成員であり、約1330名の珠算指導者で構成されている。主たる事業は近畿一円のPR展開事業である。毎年各人1万円の拠出金をベースに年間1000万円前後の予算で珠算教育振興のための広報活動を10年間展開してきた。この成果は、近畿エリアの各種検定試験受験者数の増加に顕著に現れており、PR事業の重要性が改めて認識されている。

Img_00561 Img_00591 Img_00581 Img_00611 Img_00621 Img_00641 Img_00651 Img_00661 Img_00671 Img_00681 Img_00691 Img_00701 3時からの総会を終えて4時から5時半まで研修イベントを行った。今回は、兵庫県小野市立小野中学校校長 服部公一先生をお招きして、「小野市における小学校教育の取り組み方」のタイトルで講演いただいた。
講演後参会者との間で一問一答形式で質疑を行った。

■服部先生は小野市教育委員会で数年にわたる教育行政の中核として活躍されたキャリアを持っておられる方で、近年の小野市における教育再生の活動を全面的に取り仕切ってこられた。地域に密着した形で教育の成果をいかにして高めていくのかを企画・実践し、目覚しい成果を獲得されている。

■小野市人口5万人の総力を結集して教育建て直しを図られてきた果実が、期待を上回るほど大きくなり各地からの注目を集めている。その活動のコンセプトとなったのが“脳科学とそろばん教育”であった。東北大学の川島隆太教授の指導を受けられて、そろばんの産地であるという伝統と文化を下地にしてユニークな教育実践を行い目を見張るような教育水準の向上を実現した。

■オンリーワン教育を標榜し、確かな学力・豊かな心・あたたかな家庭・健やかな身体の確保を実現しつつある。このような教育ルネッサンス運動を成功させた立案者・実践者である服部先生の体験談をプレゼンと資料を通してお聞きできたことは、今後の珠算教育を推進していく上で大いに役立つことと期待している。
*写真は内田理事の撮影したものを使用した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.152 平成20年度近畿ブロック会員懇談会開催される at O.C.C.I

Img_0029 Img_0032 Img_0031 5月18日正午から大阪商工会議所で日本珠算連盟近畿ブロック会員懇談会が開催された。午前中に開かれた大阪府連の会合出席者+近畿2府5県からの幹部が参加した。この近畿ブロック懇談会は、3時から弁天町のベイタワーホテル大阪で開催された3団体の合同組織である近畿連合総会(~7時30分)までをカバーしており、参加者は日珠連会員91名+全珠連会員40名+全珠学連会員16名であった。

■3団体が糾合して組織した近畿連合(3団体合同体)を取り込んで開催していることが、近畿ブロック会員懇談会の大きな特色である。珠算教育強化は1団体のみが行うものではないと言う信念が各団体に理解・了解されての組み立てである。各ブロックにおける同会員懇談会が近畿方式を参考にしてもらえれば有難い。

Img_0033 Img_0036 Img_0034 正午から2時までの前半部分で、日本珠算連盟に対する意見・希望・提案・要望などが出され積極的な議論を行った。発言の主要なものは以下の通りである。なお、それぞれの発言に対しては森友理事長と中山専務理事から可能な限りの答弁を行った。

■①日本珠算連盟が全国ネットのPR事業を決断したことを評価する。なお、次年度からは3団体合同のPR事業展開を望む ②日珠連主催の下級・段位検定試験の納付金を減額してほしい(還付金の増額) ③準級(4・5・6)検定試験の創設を考慮してほしい・・問題集の発行も含めて ④理事長の活動費の支給を検討すべきである ⑤上級検定試験の分散実施を検討してほしい ⑥1級合格証書の写真貼付はやはり必要ではないのか ⑦検定試験の申込期間設定に工夫を加えるべき余地がある(正月を挟んでの対応) ⑧「たのしいそろばん」配布に当たって、本部からの資金的支援が必要ではないか ⑨学校支援珠算指導活動を支える人材を確保するために全国的なキャンペーンがいるのでは ⑩準級(1・2・3)の日珠連主催の可能性はないのか(合格証書の整合性) ⑪伝票は会計処理の必須アイテムであり、脳科学の観点からも検定種目への復活を考えるべきではないか ⑫全国展開のPR事業には可能な限り資金を投入して強力に展開してほしい ⑬塾認定の看板交付後の更新料徴収などのシステムを再考してほしい ⑭一芸一能活動の中で、珠算熟達者の活動軌跡(キャリア)を追う企画を考えてほしい(日本珠算などでの体験談掲載など・・)

Img_0023 Img_0025 Img_0028 近畿を皮切りに開催されていく各ブロック懇談会で提議される諸課題を可及的速やかに日珠連経営に反映させていくことを考えていきたい。
*写真は内田情報企画担当理事の撮影したものを使用した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

No.151 NHKニューステラス関西でそろばん音風景を特集 in Kansai

014 046 012 020 025 051 5月10日(土曜日)9時過ぎから大阪珠算協会の外国人講座を取材するためにNHKのカメラクルーが来訪した。何回かの事前取材を経ての本番取材であった。今回の取材は、NHK大阪放送局の報道部カメラマン柳澤忠志さんの企画記事で、大阪における音風景シリーズでそろばんをテーマにした番組を作るためのものである。

■江戸時代の初めから400年間、大阪は天下の台所と位置づけられて経済・流通の中心を担ってきた。そしてこの経済・商業活動を支えてきたのがそろばんである。単に経済活動のみならず文化・教育・数学の発展を支えてきたのもそろばんである。このような役割を演じてきたそろばんが、近代化と機械化が進んだ現在の大阪エリアでどのように扱われ、どのような存在意義を与えられているのかを、そろばんの音を通じて考えてみようということが特集番組のコンセプトである。

069 070 071 072 073 074 番組のタイトルは、大阪音風景「商売の街に息づくそろばんの音」である。5月13日(火)午後6時50分ごろからNHKの“ニューステラス関西”の中で約6分間放映された。
構成は、そろばん塾での子供たちの真剣な練習場面→大阪珠算協会の「外国人のための珠算講座」の授業風景→船場の繊維問屋で使われてきた大型の“問屋そろばん(商店用そろばん)”を使っての取引場面の再現→大阪中央卸売市場の鮮魚店でそろばんで計算を行って取引を展開する風景→松下電器産業株式会社本店経理部でそろばんがPCと併行して活用されている現場風景から成り立っていた。

■今、日本の初等教育を立て直すために、そろばんの活用が見直されていること、特に、子供たちの脳機能の発達に効果があることが明らかになってきたこと、科学万能時代でも大阪の経済活動の中でそろばんが使われていること、また、大阪から世界に羽ばたいた一流大企業の本店経理部で今でも第一線でそろばんを活用していることが、そろばんの音風景を通して紹介されていた。

075 076 078 079 080 081 木製の珠が弾かれる乾いた軽快な音には、長い時間を掛けて習得した技術の響きがあり、また日本の社会活動をしっかりと支え続け、今日の発展の土台を構築してきたという自負が込められている。そして、このそろばんのリズミカルな音こそ日本人の心の原風景の中の大事な部分を形作っているのではと感じた。

■柳澤カメラマンは、社会活動の表舞台から姿を消したかに見えるそろばんの音を追い続ける中で、実は、今再び教育再生のさ中にそろばん教育の役割が再認識されてきていることや、外国人の研究者などにそろばんの真価が評価されてきていること、そして、現代の最先端IT企業の数字の中枢部でそろばん技術が生かされていることに着眼して、番組の中でそろばんをold and new なものと看破している。この番組が持つ強い説得力は彼が持つ哲学からくるものであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

No.150 20年度第1回全国連合代表者会議開催される at Tokyo Forum

Img_2218_1 Img_2220_3 Img_2219_2 5月11日東京国際フォーラムG507で第1回全国連合代表者会議(20年度)が開催された。賀藤全国連合会長の他、日珠連から森友理事長・草柳連合委員長・堀野委員・中山専務理事が出席した。全珠連からは梶川理事長・生駒副理事長・村上副理事長・小原委員・竹口室長が出席、全珠学連からは吉田会長・坪内副会長・河村副会長・林委員長・旦尾委員が出席した。

■新学習指導要領が3月28日に官報で告示され、続いて移行措置案が4月24日に公表されてから初めて開かれた会合であった。新指導要領の完全実施は23年度からであるが、そろばんの4年生での指導については21年度からの先行実施が決まっているので、21年度(来年)からは3年生と4年生でそろばん指導が実現する。

Img_2221_4 Img_2222_5 各学年での指導時間数はまだ明らかにされていないが、学校支援珠算指導活動の展開に大きな変化が生じることは間違いない。また、「たのしいそろばん」は3年生用に編集されているが、3年生・4年生用に内容を再編集しなければならない。学校サイドにおいては教師のそろばん指導力をどのように確保していくのかが大きな問題になる。

058 059 060 061 063 064 065 066 067 学校支援珠算指導活動については依頼校数が今後大幅に増加することが予想されるので、各府県では出講指導に当たる講師の珠算指導者をどのように確保するのかが懸念材料となってくる。
合わせて、教科書にどの程度そろばんに関する記述が行われるかも大きな関心事である。
珠算教育強化運動の戦術を微調整する作業を急がねばならない。

■当日の審議内容は以下の通りであった。
① 教科書会社6社担当者との懇談会を6月に開催 ② 連合ニュース29号を6月に6ページ立てで発行 ③ 19年度の「たのしいそろばん」配布数は児童用438,000部(前年:463,000)/教師用23,000部(前年:23,000)配布なしの府県14 ④ 19年度学校支援活動実施校2982校(前年:2608)実施なしの府県4 ⑤学校支援活動用のCD-ROMはモニターの意見を参考にして作成作業を進める ⑥ 「たのしいそろばん」の改訂作業を開始する。20年度は従来の版を使うが、21年度からは新版を使用する ⑦ 19年度決算書を承認、492,
303円を次期に繰り越す ⑧ 20年度予算修正案を承認、各団体の分担金は260万円とし、予算規模は8,764,303円
⑨ 次回会合は11月16日に開催
*会議室の写真5葉は小原先生が撮影されたものを掲載した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

No.149 大阪連合会議・近畿連合拡大会議開催される at Bentencho

Img 5月6日11時から大阪連合会議が開かれた。続いて午後2時から近畿連合拡大会議も開催された。
当日の主たる議案は、近畿エリアでのPR事業後期分の内容検討、それぞれの19年度事業報告・決算案の審議
20年度事業計画・予算案の審議、5月18日に開催される近畿連合総会に関する件、学習指導要領改定に伴い3・4年生でのそろばん指導が決定したが、珠算界の今後の対応などについての議案審議を行った。

■なお、3月末で終了した19年度の学校支援珠算指導活動についての諸懸案事項の検討も行った。
8年目の今回は、156校から出講依頼を受け、それぞれの学校にボランティアで講師を出講させて成功裡に終了したが、出講登録者数の増強、副読本の内容などをどのように再編集していくのか、課題は多い。

■156校に出講指導を行い、平行して「たのしいそろばん」の配布を行ったが、ここで、担任に行ったアンケート(19年度「たのしいそろばん」について)の結果について触れておきたい。

■① そろばんが得意でない教師が教えるのと違って、短期間で効率良く教えてくれて実りのある時間となった ② ×算・÷算は指導が難しいので小学校では必要ないかと思う ③ 授業を通じて、暗算が出来るようになれば計算力も上がるのだと思った ④ カラーの冊子でとても見やすく分かりやすい内容であると感じている。朱書きの教師用冊子も活用している ⑤ 内容や量も以前のものよりコンパクトになり使いやすい ⑥ もう少し内容を初歩向きにして上級を望む児童にはプリントなどで対応してはいかがか ⑦ 位取り・繰り上がり・繰り下がりをしっかり教えてほしかったが、歴史や材質、インドの計算などに時間を割かれてしまって習熟が出来なかった。時間配分に留意してほしい ⑧ そろばんの成り立ち・こぼれ話のような部分は子供たちが興味を持った ⑨ 量が多いのでもう少し減らしたほうがいいのでは ⑩ 2時間があっという間に終わったと、子供たちは満足していた ⑪ 5の合成・分解、10の合成・分解の問題が教師用に載っている分の半分でも入れてもらえれば有難い ⑫ そろばんを使って時間の学習が出来ることはとても理解しやすい指導法と思った ⑬ 無料で教材を頂いた上講師派遣していただき感謝している ⑭ パワフルな魅力溢れる授業をしていただき感謝している ⑮ 初めてそろばんに触れる子供たちには計算問題などはかなり難しかったようだ ⑯ スモールステップでどの子もそろばんの基本的なことを楽しく学ぶことができた ⑰ 5・6年生対象に『そろばんクラブ』を発足したいが、テキストなどの配布は可能か?基礎基本からの出発のクラブにするつもりだが講師の派遣は可能ですか ⑱ 5や10の補数の大切さがそろばんで納得できたようだ。もっとやりたいという気持ちで終われたことが良かった ⑲ 右側は時間的にも内容的にも扱う余裕がなかった。初めての子供には難しすぎるようだ ⑳ 資料も充実しているし、何より、プロの先生に教えてもらえることが有難い。

■そのほか、*文字をもう少し大きくし、内容を減らしてもらいたい *1学期に教えてもらって、3学期まで朝の会などで練習できればいいのだが *そろばんは面白い、そろばんよく分かる、ちょっと難しくなってきた、掛け算もやりたい・・などの感想が聞けた *そろばんおもしろい・・と家でやっていた子供もいた *内容が初心者には難しいので、簡単な部分を増やしてもらいたい *もっと学びたいという声が沢山あった *掛けさん・割り算のスペースはもっと小さくても良い。

■「たのしいそろばん」に対する感想であるが、殆どは出講指導と絡めての意見であった。殆どの担任が、この副読本の出来栄えと内容、効果について評価をしてくれていた。また、出講教師の授業には満足を示している。
今後の展開をデザインする上で大変参考になった。
出講する先生方にも新たな勇気を与えてくれるものと期待している。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

No.148 近畿連合10人委員会開催される at Amagasaki

317 319 5月4日、尼崎市で近畿連合10人委員会が開催された。各団体から9名+新通2名の計11名が参加した。議案は、① 20年度PR事業後期分の企画案審議 ② 5月18日開催の近畿連合総会次第の確認 ③ 20年度近畿連合事業計画+予算の原案審議 であった。

Img_0001 PR企画の内容は、① 10分間のそろばん番組を12回放送(10~12月) ② 20秒CMを110本放送(1~3月) ③ 日曜出前中継5分間×2回(1月+3月) ④ ありがとう浜村淳です・・プレゼントパブリシティ5日間(1~2月)というラインアップである。

Img 20年度の近畿連合予算は約1400万円で、近畿2府4県の3団体構成員1260名からの各人1万円ずつの醵金が原資の大本になっている。
年間拠出金を2万円程度に出来れば、PR展開も劇的な効果の拡大につながる内容に進化することが発案されたが、構成員の意識の変革が前提として必要になる。

■近世に入り、大坂が江戸幕府の西国支配の最重要拠点となり、その西に位置する尼崎は、軍事上大坂守備の西の要として重要視された。幕府は1617年に譜代大名戸田氏鉄を尼崎に配置し、4層天主の近代城郭を築城させた。築城に合わせて、中世から尼崎町に散在した寺院を城の西域に集め寺町を構成した。

■約3.9ヘクタールの地域に11か寺が軒を連ね、江戸時代の雰囲気を色濃く残している。江戸初期から各地で城郭が建設されるに伴い、寺院を1箇所に集めることが流行したが、軍事的な意味合いと宗教政策的な目的をもっての施策であった。特に、広大な敷地を持つ寺院は非常時には出城としての機能が期待されていた。

321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 尼崎城は約13万平方メートルの広大な敷地に4重の天守閣を持ち、城の東西に町場が整備され、東は大物から西は貴布祢神社までが城下町であった。特に、寺町は阪神・淡路百名所に指定されている。また、23件の国・県・市の指定文化財がある。
なお、寺町の南側に武家屋敷町が配置されていた。当初5万石であったが、後に4万石となった。武家の数は200名弱。寺町の寺院数は江戸初期には20か寺が絵図に描かれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »