« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月28日 (木)

No.84 産経新聞経済コラムでそろばん評価 in Japan

Img_41 2007.6.19付産経新聞朝刊「経済コラム」に、“インド計算術もいいけど「そろばん」も”というタイトルの記事が掲載された。
同社経済部次長 坂下芳樹氏の筆になる論考である。
今、ある種のブームの感があるインドの計算術に関する本が幾種類も書店に並んでいる。
その内の1冊を読んだ上で、日本のそろばんによる計算力と対比し、そろばんの良さを改めて評価し直している。

■コラムニスト氏は、一定期間そろばんを習うことにより身に付く計算能力、特にそろばん式暗算力は、年をとっても能力の劣化はなく、種々の計算を早く正しく処理できる恩恵は小さくはない。
確かに、そろばんの実用性は乏しくはなってきたが、そろばんを習う過程ではぐくまれる数の概念、数学的思考力は今後むしろ重要性を高めてくるのではないかと言う。

■そろばん人口は昭和50年代半ばをピークに減少を続けてきたが、ここ2~3年は増加に転じてきた。
一方、日本で減少を続けている間に、諸外国でのそろばん教育熱は徐々に高くなってきている。そろばんで獲得される計算力に各国の教育関連省が本気で関心を持ち研究を進めた成果である。

■日本では、そろばんを教育に取り入れることで、基礎計算力を確保し、学力向上の起爆剤にできるのではないかという主張も増えてきた。外国でのそろばん熱の高まりに習うまでもなく、自国の教育再生にそろばんを役立てることを考えるのは、至極当然の成り行きであるといえる。

■クオリティ紙のコラムなどで、そろばんの必要性とそろばんが果たしうる役割にスポットが当てられる機会が増えてきた。
日本の伝統的計算技術そろばんにとっては、新しい評価が定着する好機になるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月26日 (火)

No.83 朝日新聞コラム「経済気象台」で珠算教育がテーマに in Osaka

Img_37 2007.6.26付朝日新聞朝刊コラム「経済気象台」に、珠算教育の意義と役割についての評論が書かれた。
タイトルは“もう一つの教育再生会議”である。

■昨年暮れから活動を始めた政府の教育再生会議が目指す、学校・家庭・社会が一丸となっての教育再生事業と並行する形で、本年3月23日に第1回日本珠算連盟そろばん有識者懇談会が開かれた。

■この懇談会開催の眼目は、ゆとり教育を標榜する学習指導要領に基ずく教育の結果、子供たちの基礎学力低下が続いており、特に基礎計算能力の弱化が著しい。このような危機的現象を、珠算の持つ特性を生かすことで解決できるのではないかという前提で、その具体的な方法を探っていこうということである。

■珠算学習で得られる、鋭敏な数感覚、数学的思考力、暗算力、持久力、瞬発力、耐力などは、子供たちの当然もっていなければならない子供力を形作る要素になりうるものである。

■コラム氏が言うように、珠算の再評価が行われ始めた今の流れの中で、珠算の教育的文化的価値を広く世論に解き明かしていくことは重要な作業である。先進国の水準を下回りかねない低下した基礎学力をリカバーする手立てを珠算教育に求めようというネライは当たっている。

■コラム後段では、上野健爾京都大学大学院教授著の論文「珠算の将来」についても論評されている。珠算が持つ沢山の利点だけでなく、今後クリアしなければならない課題についても余すところなく論述されていることから、懇談会での今後の論議にも生かされていくものと思われる。

Img_0001_31 このコラムニスト(共生)氏は、2004.5.27付同紙でも“ソロバンを忘れた資格社会”と題して、珠算教育をテーマに示唆にとんだ論評を書いている。

■教育再生のための手続きは着々と進み、次期学習指導要領改訂も今年度中に行われることになっている。官主導の作業の進展にあわせて、懇談会が応分の成果をあげ役割を果たせるようにサポートしなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

No.82 近畿ブロック懇談会盛り上がる② at Honmachi

1171758_img 1171757_img 1171751_img 1171752_img 1171755_img 1171740_img  特別イベント① 「トーク」【第1回日本珠算連盟そろばん有識者懇談会の中身と今後の展開~教育再生とそろばんの役割】は、2時40分から90分を使って行われた。
目的は、3月に行われた第1回の懇談会の中身を近畿エリアの幹部の先生方に伝えることと、今後の懇談会の活動方向を求めて懇談会委員のパネリストと論議を交わすことであった。

Img_0001_28 パネリストは、
深江茂樹氏・・・元東海学園大学大学院教授・有識者懇談会座長代理
小西 繁氏・・・算数・数学教育研究アドバイザー・元大阪府算数教育研究会会長・有識者懇談会委員
服部公一氏・・・小野市教育委員会学校教育課長・有識者懇談会委員
青山伸悦氏・・・日本商工会議所産業政策部長・有識者懇談会委員

コーディネータは、森友 建(日本珠算連盟副理事長)が担当した。

Img_0002_14 トークの論点は、4つ設けた。
Ⅰ 各自提言の説明(レポートの基ずく)を、
青山氏は有識者懇談会創設をリードした立場からその経緯と共に・・・
服部氏は脳科学の町小野市の試みの成果を織り交ぜて・・・
小西氏は教育再生と指導要領改訂が合わせて行われる時期に創設された有識者懇談会の意義にふれながら・・・
深江氏は座長代理としてかかわった第1回懇談会の評価と感想をまじえながら・・・
行った。
Ⅱ 有識者懇談会アピール文の4つの視点(第1回懇談会の論点)の確認
Ⅲ 日本珠算連盟の当面の行動計画
Ⅳ そろばん復活を目指す有識者懇談会で、今後最も重視する部分は何か
 

■論点Ⅱ(アピール文の4つの視点)の内容は次のとおりである。
① そろばんを初等中等教育に復活させることで計算の基礎能力を向上させる。このように教育の基礎・基本を強化させることで学力向上を図っていく
② そろばんで獲得される能力は技術立国を支える基盤であるという認識から、そろばん文化を維持発展させていく。また、江戸時代の和算教材を取り入れる(計算を楽しむ、考えさせる計算)とともに、子供たちの規律と躾の習得にも役立てる
③ そろばん学習は脳を活性化(脳の発達)させる。その結果、情緒の安定、老化・認知症予防に役立つ
④ そろばん教育で地域コミュニティの再生、再構築を図っていく

■論点のⅢ(行動計画)の内容は下記の6つに分かれる。
① 学校支援珠算指導活動を推進する
② 小学校教師のそろばん指導力を向上させる
③ 保護者にそろばん学習の効用をPRする
④ そろばん学習者と非学習者の脳機能を比較研究する
⑤ 分科会を設け専門的研究を行い、研究成果を活字にまとめる。それら 
を世論に対する説明の証拠(エビデンス)とする
⑥ そろばんを応援する300人委員会を設置する

■以上の論点で、活発な議論を行った。今、日本の珠算界が課題としているものは何か?その課題を解決していくためには、どのような方法が望ましいのか?日本珠算連盟としては、それらの作業のどこまでを対象に活動できるのか?・・・などについて、ある程度の見通しが付いたと考えてもいいのではないか。
これら一連の活動を行うためには今がラストチャンスであると共に、組織と構成員各自の意識と覚悟が問われているのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.81 近畿ブロック会員懇談会盛り上がる① at Honmachi

001_1 010_2 016 6月10日(日)、マイドーム大阪(8階)で、平成19年度近団連総会、日珠連近畿ブロック懇談会、特別イベントが開催された。
約120名の近畿エリアの幹部が参集し、大きな成果を上げて成功裡に終了した。

■午前中に、会計監査、役員会・総務委員会を終え、午後1時から総会、1時40分から近畿ブロック会員懇談会を開催した。
2時40分から90分間は特別イベント「トーク」を行い、続いて大阪商工会議所専務理事灘本正博氏(大阪珠算協会会長)が挨拶を行った。
4時30分から特別イベント「講演」を日本商工会議所常務理事篠原 徹氏が担当し、その後、尾身朝子氏秘書 松井 久氏が挨拶を行った。
5時20分からは、懇親会があり6時30分にすべてのスケジュールを終了した。

Img_35 近畿ブロック会員懇談会では、積極的な意見、要望が多く出され、珠算教育強化に向けての意識の高さをうかがわせた。
いくつかを紹介すると、
① 日珠連の予算審議には理事の出席を求め審議を行うのが妥当ではないのか?
② 日珠連の財政状況が好転している中、蓄積財産の有効活用を真剣に検討し、珠算振興の実を挙げていくべきではないか?
③ 理事長選挙に関する規約の整備を急ぎ、会員の納得のいくシステムを作り上げてもらいたい。
④ 珠算の研究者が高齢化し、彼等の珠算研究に関する蔵書の散逸が懸念される。それら資料の譲渡、買受などを具体的に考慮すべきではないか?
⑤ 永年在会者の表彰について、該当者のリストアップは、本部でPCを活用し行うのが筋ではないのか?
⑥ 上級検定試験の問題については、用紙、色、形態、内容などの面で、検討に値する箇所が残されている。早急に改善を望みたい。
⑦ 特別会計(互助会、生徒災害共済会)で、高額の事務管理費が一般会計に繰り入れされているのは、会費負担者から見た公平性には疑念が生じる。検討の余地はないのか?
⑧ 今日のような会員懇談会は、本部サイドの情報入手、意見交換の場として極めて重要であると考えている。本部では、この点を十分理解し、全国的に相互の意思疎通を実現してもらいたい。
⑨ 本部主催の行事には、意見を聴取する場を必ずセットするように配慮してもらいたい。

■上記のような意見に対して、岡野(理事長)、森友(副理事長)、中山(専務)から回答を行った。
建設的な意見ばかりであり、早急に対応を行っていくべきだと考えている。
今後は、このような意見交換の時間をもっと増やしていかなければならない。
実りの多い、充実した懇談会であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

No.80 キャンベラ在住日本人ホテルマンの講座見学の記 in Osaka

Img_33 Australian Capital Territory にあるオーストラリアの首都 Canberra(キャンベラ)(約35万人)に、5年前に移住し永住を始めている工藤 泉氏(51歳)が、6月2日の外国人講座を見学に来局した。
奥さんのアマンダさんの出身地キャンベラで、現地ホテルのフロントで働く傍ら、中学時代に取得した珠算1級の特技を生かして子供たちの計算力向上に役立ちたいと決意し、現在そろばんに興味を持った周辺の子供3人に指導を始めている。

■すでに、日本人学校補習校で土曜日に午前中、小学3年生に国語と算数を教えているが、今後は、地元のアダルトスクールや小学校でそろばんの指導が出来ればといろんな情報や資料の収集に努めている。
現地での、子供たちの算数への興味を高め、算数力向上を図りたいと願う中で、そろばんの活用を実現させたいと準備を進めている。

■大阪の外国人講座のことについては、website で数年前から熟知していて、今回の訪問で、実際に外国人がどのようにしてそろばんの学習を進めているのか、また、英語での指導がどのように展開されているのか、講座自体のマネージメントはどのように行われているのか、教材はどう調達するのかなどについて自分の目で確かめておきたいということが来訪の主目的であった。

■彼には、21年間の講座展開で、そろばんには世界性、普遍性、現代性があることが分かってきたことを伝えた。また、外国人たちが暗算に強い驚きと興味を持つこと、そろばん練習を通じて集中力が高まってくることの成果に満足し、かつ、そろばん練習は自分へのチャレンジであると彼らが断じることを伝えておいた。

■遠く離れた首都キャンベラで、日本式のそろばん指導が広がりを見せ、子供たちの計算力アップに役立つ日が来ることを心から願っている。

| | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »