« No.78 盛り上がった第10回目近畿連合総会 at Bentencho | トップページ | No.80 キャンベラ在住日本人ホテルマンの講座見学の記 in Osaka »

2007年5月31日 (木)

No.79 『みなとQ6月号』で、外国人講座の紹介記事掲載 in Minatoku

Img_32 地域ふれあい情報誌『みなとQ』6月号で、「外国人のための珠算講座」を紹介する記事が掲載された。
5月12日(土)に、有川、高橋さん両氏の取材を受けての講座紹介記事である。

■当日は、TBSのTV取材クルーと重なってしまったために、難しい取材であったと思われるが、当日の講座展開を臨場感を持たせて報告してもらった。12名の外国人参加者のそろばん学習風景を的確に表現し、そろばんが現代社会で持つ意味や学習効果を分かりやすく紹介してくれている。

■そろばんの持つ知的文化としての魅力、日本の教育再生を実現する中でそろばんが果たしうる領域、子供たちがそろばん学習を通じて獲得しうるメリットなどについても、講座紹介をしながら分かりやすく触れてくれている。

■そろばんを学習することでしか得られないメリット、効果を明快に説き、沢山の人たちに伝えていく作業の重要性はきわめて高い。
学力低下の流れを断ち切り、基礎学力構築をしっかり行ったうえでの教育再生作業に、そろばんが果たす役割は大きく且つ重いものがある。

■51,000部を発行する『みなとQ』の沢山の読者の方々に、外国人と日本の伝統文化そろばんがどのように結びついているのか、また、ある種異文化のコラボレーシヨンとしての長期にわたる活動が理解されればありがたい。
講座展開を理解し、報道記事を掲載した(有)大阪情報文化センターの各位に感謝申しあげたい。

|

« No.78 盛り上がった第10回目近畿連合総会 at Bentencho | トップページ | No.80 キャンベラ在住日本人ホテルマンの講座見学の記 in Osaka »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No.79 『みなとQ6月号』で、外国人講座の紹介記事掲載 in Minatoku:

« No.78 盛り上がった第10回目近畿連合総会 at Bentencho | トップページ | No.80 キャンベラ在住日本人ホテルマンの講座見学の記 in Osaka »