« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

No.45 尼崎市「計算特区」のこれから in Amagasaki

1161618_img ■小泉政権の規制緩和政策の一環として誕生した「特区」制度を申請した尼崎市が全国で始めて、かつ唯一の「計算特区」の認定をうけたのは平成16年の3月であった。

■平成16年4月の新学期から、尼崎市立小学校44校(後に統合があり43校になる)の中から杭瀬小学校で実験的にそろばんを指導することになった。算数科に「計算科」を設けて、2年生で10時間、3~6年生はそれぞれ年間50時間のそろばん指導を配した。2年生から6年生までの通算指導時間は210時間になる。

■「計算科」設置2年目の平成17年度は4校追加し計5校で実験指導が行われた。3年目の平成18年度はさらに5校増加させて計10校で指導が行われている。4年目の平成19年度は更に5校増加させて計15校でのそろばん指導が検討されており実現の可能性は高い。保護者からは、公平、平等の原則から早期に市内全校でそろばん指導を実現すべきであるとの強い要望が出ているが、実施にあたり相応の予算措置が必要であり、時間がかかりそうである。

■尼崎市が「計算特区」を申請した背景には、① 全国的な学力低下の問題が顕在化してきたこと ② 昭和60年代以降からの学力向上を求めての保護者や市民からの要請がでていたこと ③ 授業に集中できない、指導に従わないといった児童生徒の増加現象 があった。

■尼崎市がそろばん指導にフォーカスした目的は、① そろばんの学習を通じて、集中力や持久力の向上を図るとともに、日本の伝統文化の良さを体験させ、豊かな人間性の育成を図る ② 暗算を楽しめる児童、数を見て判断できる児童の育成につながることを目指し、日常生活や地域活動で活かせる計算能力の向上を図る ことであった。

■そろばん指導の導入で期待される効果については次の4つを挙げている。① 右脳の発達 ② 脳の活性化により、算数以外の幅広い教科の学習に効果 ③ 集中力、記憶力、洞察力、情報処理能力、速聴・速読能力の向上 ④ 暗算を含めて、実用性が極めて高く、永年的効果を期待

■実施1年経過時に行ったアンケートでは、保護者に対するものでは、計算科の取り組みについて、「大変よい」+「概ねよい」が86%。計算科の効果については、「あまり効果なし」が19%で「計算に興味が出た」38%、「計算速度が速くなった」36%。

■児童に対するアンケートでは、「そろばんを習っている」13%、「習っていた」7%。 「計算科は楽しい」43%、「楽しくない」は9%、「そろばんがうまくなった」では94%。 「そろばんが役に立っている」は48%であった。

■教師の評価は、① これまで各教科で学習に興味のなかった児童が、計算科では積極的に取り組むようになった ② ほかの教科での計算問題も確かに速くなった ③ キッズ検定などで、自分の力でチャレンジできる目標がある などである。

■平成18年度に実施された学力調査の結果、計算科でそろばんの指導を受けた児童の成績に、算数だけでなく国語、社会、理科においても成績向上の成果が見られるというデータがまとめられている。このことは、既述のそろばん指導による効果、期待が予想したとおりであるということにつながってくる。

■このデータは、1年間だけのものであること、「計算科」の導入で6年生の算数時間が、年間150時間から190時間に増加していること、算数以外の各教科でも成績向上が見られるのは、「計算科」導入による効果だけであるのかといった点の解明も求められている。「計算特区」の効果を確定させるためには、いま少しの時間と継続的な調査が必要である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月30日 (土)

No.44 質の高い人間作りに貢献しよう・・就任にあたって in Osaka

1161612_img ■大阪珠算月報5月号に寄稿した原稿をここに改めて掲載しておきたい。

■全国的に珠算の新たな評価が進み、同時に、学校教育における珠算教育の位置づけが好転し始めたことは、さまざまな指標から明らかになってきた。また、このことが、ここ2~3年来マスメディアの報道内容の変化にも顕著に現れていることは周知のとおりである。

■かかる時期に、責任者の立場で組織の舵取りができるということは、大きな光栄と考えるとともに、この千載一遇の珠算の好機をどのように完璧に生かしきっていくかが直面する最大の課題であると認識している。

■ここで、これから2年間、この課題解決のために、以下に組織活動を推進し、活性化するかについてのスタンス(現状の認識、活動の理念、活動の戦術)を示しておきたい。

■Ⅰ現状の認識(珠算界のバックグラウンドについて)・・・いま、珠算教育強化を目指す戦いの土壌・環境は、きわめて良好な状況にある。その理由は、次の5つの要素に集約される。 ① 6年間に及ぶ学校支援珠算指導活動の全国展開による世論の変化 ② 尼崎市の「計算特区」に基づく2年間の実験指導の成果 ③ 初等教育における著しい学力低下の顕在化 ④ 教育の基本(読み・書き・そろばん)の見直しと復活 ⑤ ゆとり居行くが招いた“教育の混乱”に対する反省 これらの諸要素が、そろばん復権の流れを形作っているのであり、ここ2~3年が、そろばん復権を果たす正念場である。このように現状を認識している。

■Ⅱ活動の理念・・・(珠算の本質をどう理解するか・・今、なぜ珠算か?を明らかにする) ① コンピュータ多用の現代社会の弊害(人間性の喪失、思考の停止、責任の回避)を、きわめて人間的行為であるそろばんのトレーニングで中和、解消することを目指す ② 技術革新(プロセスカットを本旨とする)の対極にあるそろばんの特性を熟知、再評価し、スローライフ(自然回帰)実現のテコとして活用する ③ 人間の基礎力(人間力)としての計算力、暗記・暗算力、集中力、持続力の確保に、そろばんの練習が最適で、効果的な手段となることを再認識する・・・学校における学力低下解消の一助となる ④ 金権、拝金、カネ至上主義が蔓延するなかで、人間本来の能力を完全に発揮し、社会に貢献することで、社会人としての責務を果たしうる人間を育てるために、日本古来の教育文化であるそろばんを活用していきたい(寺子屋式塾指導の古典的利点を再活用する・・・倫理観の回復を期す) ⑤ 現代社会を生き抜ける人間作りに不可欠な、継続を要するトレーニングとしてそろばん練習を役立てていく

Ⅲ活動の戦術・・・当面の重点活動目標 ① 7年目を迎える、学校支援珠算指導活動にエネルギーを集中させる。府下で124校まで拡大した小学校での指導活動を一層拡充する ② 『たのしいそろばん』の配布数(全国で約50万部)を拡大させる ③ マスメディアを通じての、PR活動の展開を強化していく・・・近団連、近畿連合との連携を一層強める ④ 既存の各部、委員会の一層の合理化、活性化を計る ⑤ 会員と直結する媒体である『大阪珠算月報』の新たな活用を模索し、会員のレベル向上を実現させ、費用対効果を高める・・・誌上ミニ講習会、Q&Aコーナー、誌上掲示板の設置、視点その他論説の拡充など ⑥ 財政状況を精査し、蓄積財源(ストック)の有効活用を模索する。同時に、積極的経営にスライドさせていく ⑦ 通信手段としてメールのかつようを推進させて、ペーパレスを計り、組織運営の効率化と経費節減を期す。同時に、会議のあり方を見直し、時間の有効利用を計る・・・意見交換、議論の時間を拡充する

■(社)大阪珠算協会が持つ、人的、財政的エネルギーをより効果的に活用し、あわせて、近畿エリアにある諸団体との連携を一層強化して行きたい。その上で、時流に乗った(世論の求める)珠算教育強化を図り、若人たちの質の高い人間作り(人間力要請)に貢献できるように指導活動を展開したいと願っている。会員の先生方とともに、知恵と工夫と連携を重ねて、協会の更なる発展を図れれば幸いである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

No.43 近団連(近畿珠算団体連合会)幹部会開催 in Osaka

Tree■12月23日、2006年最終の近団連幹部会が大阪で開催された。近畿2府4県の代表者に福井県の代表者と大阪府連の代表者も加わり、予定された議案の審議を行った。

■報告事項としては、① 第12弾チラシの頒布活動の結果が報告された。今回は508,000枚が購入され、既に購入者に現品の宅配を終えている ② 11月5日に開催された実践研究発表会に付いての収支報告と実施に伴う反省と総括が行われた ③ 日珠連、全国連合、近畿連合に関する最近の活動状況と今後の活動予定、ならびに次期学習指導要領改訂についての見通しが報告された(森友) 

■審議事項としては、① 隔年に実施している女性の集いを滋賀県の担当で開催する。19年度は東西懇談会と重なるので、日程の調整を行って参加しやすい形を整えることとした ② 第36回近畿珠算競技大会を2008.3月に大阪で開催することを決めた ③ 近畿連合において展開しているメディアを活用したPR活動の今後の内容を明らかにした。7月から10月までを前期とした活動を終えて、1月から3月までを後期とした活動を予定しているが、そのスケジュールと内容について説明を行い確認を行った

■一連のメディアでのPR活動は、近畿連合加盟の塾への通塾をアピールしている関係から、近畿連合加盟塾としての標識板を作成し、各加盟塾に無償で配布しこの標識板(アクリル板2枚に挟み込む形式)を掲示してもらうことになったことを周知した・・・なお、近畿連合加盟塾は3団体で1350あり、1月末までには標識板の配布を行う予定である。

■その他の連絡事項として、① 第35回近畿珠算競技大会が奈良県の担当で19年3月21日に開催されることを周知した ② 尼崎市で展開されている「計算特区」の推移と経過について説明報告が行われた(理事長藤本)。特に、実施4年目の来春からの展開についての情報がアナウンスされたが、その詳細については後日掲載することにした。

■次回の幹部会開催は、近畿珠算競技大会開催日に、大会会場で行われることに決めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

No.42 アメリカの小学生にそろばん指導 in Virginia

1161604_img ■12年前(1994)にミネソタ州から来日、GEOSで英語の教師をしたあと、ALTとして2年間伊丹市の学校で教壇に立ち英語指導にあたったあと、米国に帰国したジル・ケスタさん(Mis.Jill Kester)さんからメールで便りが届いた。

■彼女は、日本での教師生活を終え帰国後大学院に進み、マスターを取得後ヴァージニア州(アメリカ合衆国東部の州。独立13州のひとつ。イギリスによるアメリカ大陸最初の恒久的入植地が起源。州都はリッチモンド)アレキサンドリアの小学校に奉職している。

■彼女は、講座に在籍中3級合格までの実力を付けてアメリカに帰国したことから、今度2007.1.2から12日までの2週間、生徒たちにそろばんを教えることにしたとの連絡をしてきた。第2期として2007.3.19から30日までの2週間も予定に入っており、合計4週間にわたりそろばんの指導を計画している。

■彼女からの要請を受け、基礎指導の教材を取り揃えメールでの添付ならびに航空便で資料送付を終えたところである。同時に講座からの講師の派遣も呼びかけてくれており、3月実施のスケジュールに合わせて、有志の先生方がバージニア訪問指導ということになる可能性もある。

■(社)大阪珠算協会の主催する「外国人のための珠算講座」の卒業生が世界各地に居住しているが、現地でそろばんの指導を行うと言う事例が出始めていることはとても嬉しいことといわねばならない。すでにドイツ、エジプト、アメリカでの指導が芽吹いているが、ますますエリアの広がりを期待している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

No.41 スエーデンの研究者2ヶ月で6級合格 from Sweeden

1151569_img ■10月7日に講座に入門したヨハン・オーレリアス(Johan Aurelius)(26)さんは、12月10日に実施された6級検定試験を受験し、見事に合格した。スコアは三科目合計250点であった。

■ヨハンさんはスエーデンのイエーテボリ大学Gothenburg University(英語名はゴーセンバーグ)(スエーデン南西部のイエータ川河口の港、スエーデン第二の都市)の薬理学部Section of Pharmacologyの4回生で2007.1.19に卒業予定であり、今年の9月から12月末まで3ヶ月間大阪大学大学院の薬学部免疫療法学科 Osaka University Graduate School of Medicine Department of Immunotherapyに留学中である。なお、彼のmajorはPharmaceutical Bioscience(免疫学)。

■彼の父親は2004年4月に来日し、大阪外国語大学のスエーデン語を教授するプロフェッサーである。彼は2005.4.9に講座に入門し目下4級の練習に励んでおり次回の検定での合格を目指している。

■10月から僅か2ヶ月間の親子でのそろばん修行であったが、ヨハンにとっては来月はじめの帰国にあたりいいお土産が出来たと喜んでいる。ヨハンの妻女はスエーデンの小学校の教師であり、過日休暇で来日した際には、1日だけのそろばん学習を体験しており、ヨハンの帰国後は彼女に伝達指導を行い、そろばんの基本を彼女が小学校で教えてみたいと希望をもらしている。

■人口900万人の北欧の国スエーデン(スカンディナヴィア半島東部)の小学校で、はるか東方の国(Far East)日本の計算文化そろばんが教えられる日が近いことを祈りたい。

■なお、12月10日の検定試験では、ヨハンのほかブラジルからの神戸大学大学院留学生Fabio さんが暗算4級にチャレンジし、合計440点のハイスコアで合格した。また、アメリカ人で大阪経済大学大学院に留学中のDaniel さんが6級に挑戦し満点の300点で合格した。彼の入門は8月5日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

No.40 第一回賛助会員との懇談会開催 in Tokyo

1151560_img ■12月13日、第一回賛助会員との懇談会が日珠連事務局会議室で開催された。賛助会員10社から11名の参加があり、連盟側からは理事長、2副理事長、専務理事、1事務局員が参加した。

■参加者の自己紹介から始まり、日珠連の事業活動が報告され、続いて賛助会員各社の近況報告が行われた。その後意見交換に入ったが、一人ひとりが約10分程度の意見を述べ、後自由討議を行った。テーマについては、① そろばん人口を増やす方策について ② そろばんの有効活用策について ③ そろばんのPRについて ④ 企業との連携策についての4つが用意されていた。

■参加団体は、そろばんのメーカー、そろばん・教具の販売会社、教材出版会社、介護老人福祉施設、ネット業者、国際電卓協会の各社で、それぞれ代表者乃至は責任者の参加であった。

■貴重な意見が続出したが、そのいくつかを列記しておきたい。① そろばん学習者の数に大きく影響するのは、検定試験制度の存在よりも算数科教科書でのそろばん指導に関する記載量の多さである。従って、教科書でのそろばん指導ページを増やす努力を最優先させること ② 来春発足する有識者懇談会のメンバー選定の第一ラウンドは終わっているが、加えてそろばんをよく理解する人材を発掘しメンバーとして登録していくべきである ③ 高齢者福祉施設でのそろばん指導が認知症予防ならびに治療面で大きな成果を上げつつあるが、この実験指導のデータを今後全国的に紹介し、指導を広範囲に展開する足がかりとすべきである ④ 産地の小野市でそろばん1丁運動(各家庭に必ず1丁所有する)が始まっているが、伝統工芸品でもあるそろばんの地位向上に役立つのではないか ⑤ 12月後半から大阪のデパートで、播州そろばんフェアーを開催する予定であるが、産地協同組合としても出来る限りの努力を傾注し、そろばんの認知度を高める方策としたい ⑥ HPを通じてのそろばん販売量が増えてきていることからも、ネット上でのPRにはエネルギーをもっと注入すべきである ⑦ そろばんの良さを父兄にどう理解させるのかが最大の課題であり、そのために映像を有効活用してCD、DVD化を行い理解促進につなげていくべきである(各種競技会、その他イベント類を集約しそろばん紹介の媒体として編集する) ⑧ そろばんをテーマとしたプロモーシヨンビデオ(例えば、タイトルを「日本のそろばん」としたフィルム)を作成し、国内各学校、図書館、海外の関係機関などに配布し、そろばんの何たるかを知る材料とする ⑨ 関係各界の最新情報をメンバー間でネット配信し、情報の交流を確保する ⑩ 指導者の高齢化とともに生産者の高齢化が急速に進行しているが、対応が全く遅れている。協力しながら改善策を探りたい・・・などの意見が出された。

■今回の会合は、ある種シンクタンク的集団の誕生を予感させるものであった。故に、今後の懇談会の方向性をしっかりと見極めて、具体的な活動テーマを選定し、それらの検討、実施に向けてのスケジュールを早期に立てなければならないと考えている。

★今回の記事から文章のスタイルを改めることとした。

|

2006年12月11日 (月)

No.39 日珠連「中国・四国ブロック懇談会」開催in Okayama

1151559_img ■日珠連の「中国・四国ブロック懇談会」が12月9日、岡山市ピュアリティまきびで開催された。岡山、広島、香川、島根の4県から37名の会員が参加し、2時から6時半まで熱心に討議し、のち懇親を深めることが出来た。

■主催者挨拶のあと、松江副理事長から日珠連の活動についての報告があり、続いて小生が1時間の講演を担当した。内容は、①珠算人として、一人ひとりのコアの部分をどのように構築しておけばいいのか ②珠算界の現状をどのように認識しておくべきか ③各組織(日珠連、近畿ブロック、大阪府連、全国連合、近畿連合、大阪連合)ごとにどのような内容の活動を行っているのか ④世論の動きの中で熟知しておくべき事象(珠算教育に関連する事項) ⑤学校支援珠算指導活動(大阪府の事例、全国連合の事例)の推移と経過について ⑥「外国人のための珠算講座」(大阪珠算協会主催)の経緯と展開について ⑦まとめ という構成であった。

■講演のあと、質疑応答の時間が用意され、いくつかの貴重な意見を聞くことが出来た。内容については上級検定試験の施行に関する疑問、改善要求が多く出されていた。中でも、30分一括施行についての疑義、分割施行への転換を求める声が多く聞かれた。受験生を指導している先生方からみると、今のシステムが最善であるとは思いがたいとの声もあり、施行サイドでも今一度システムの見直しをすべきなのかもしれないと感じた。

■珠算界の理論武装の遅れについても意見が出されていた。珠算教育強化に向けて活動を強化する中で、各種データの収集と蓄積、研究の推進は不可欠であり、研究関連事業に予算を重点配当して成果につなげてほしいと言う内容の要望であった。

■せっかくの懇談会を意義あるものにするためにも、出された意見、提案、疑義、アイディアをどのように今後の日珠連運営の中に生かしていくのかが大きな課題であると痛感した。

|

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »