« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月24日 (金)

No.38 第2回全国連合代表者会議 in Kyoto

1151594_img ■11月12日京都で第2回全国連合代表者会議が開催された。全珠連、学連、日珠連の3団体で構成されている、珠算教育の強化を図るための全国活動を行う組織で、年3回の代表者会議を定期開催している。

Img_4 日珠連は、岡野・森友・草柳・堀野・中山で代表団を編成した。他の2団体からも5名ずつ出席し、15名参加の会合であった。次のような議案が審議され、次回は1月8日に東京で開催される予定になっている。

■文部科学省伊吹大臣を表敬訪問した・・・各団体から1名ずつの計3名と事務局から1名・・・10月30日

■「明日の私学を考える会」代表西川公也代議士を励ます会に出席・・・10月30日

■連合ニュース28号の発行を3月15日に予定・・・10月2日付けの日本教育新聞収載対談記事“新時代の義務教育と「そろばん」の役割”を全文掲載予定

■1月中に「明日の私学を考える会」代表数名と全国連合代表数名の懇談を行うように調整・・・東京

■第2回世界珠算暗算連合会競技大会の開催・・・19年8月18日広東省。派遣選手は各団体から1名ずつ・・・土屋・堀内・清水の3名、コーチの人選は1月に決定、引率は賀藤先生

■教科書出版会社との懇談会は2月中に東京で開催の予定・・・珠算指導用語の統一をテーマに懇談・・・6社が参加

■次期学習指導要領改訂については、18年度中に行われる予定であったが、教育基本法改正案の国会通過がおくれているのと、TMでの問題が大きくなり対応に時間がかかることから、中央教育審議会での改訂に関する審議が滞っていること、また、教育再生会議でも指導要領改訂が審議の対象となり全体作業の遅れが生じていることから、学習指導要領改訂は19年度以降にずれ込むことが確実になってきた。このことに関する情報は随時お知らせすることとする。

■以上の諸懸案を審議するとともに、今後の珠算教育強化に向けての活動方針の確認と軌道の微調整を行った。

|

2006年11月23日 (木)

No.37 寄稿:「一年の計」そろばん教育完全復活元年 in Japan

1151598_img ■大阪珠算協会の月報新年号に“一年の計”を寄稿し、これからの珠算教育界が向かうべき方向と、あるべき活動の内容を推し量りながらまとめてみた。

■教育基本法改正案の成立が目前に迫り、教育再生会議の議論も新たに指導要領見直しにまで踏み込んできた。一方、指導要領見直し作業を行う中央教育審議会の教育課程部会は未履修問題で中断したままになっている。このような状況下で、学習指導要領の改訂は年度内には難しく、来年度以降にずれ込む見通しとなってきた。

■このような局面で、珠算界の行動基準、原理原則を明らかにする意味で、月報掲載にあえて先駆けて本欄に掲載させていただいた。

■“一年の計” 「そろばん教育完全復活元年」

■いま、珠算教育強化を目指す戦いは、きわめて良好な戦況に転じたと断言して過言ではない。このことは、そろばん復権の大きな流れが出来あがりつつあると言い換えることが出来るかも知れない。

■まず、大阪における珠算能力検定試験の受験者数推移は、18年6月度実施分は対前年比較で106%、同年10月度分では同比較で111%となり、右肩上がりの急激な増加を示している。次に、平成12年度にはじめた学校支援珠算指導活動は、年毎にリクエスト校が増加し、17年度は124校で出講指導をおこなった。18年度の出講指導も1月から本格的に始まる。

■さらに、尼崎市が認可を受け16年度にスタートした「計算特区」に基づき新設された計算科でのそろばん指導は、1→5→10校に拡大し指導の実を着実に上げ、19年度はさらに実験校が大きく増える見通しである。

■そろばん教育強化を目指す運動は、以上の各指標が示すように、底固めの作業を終えて一大飛躍を目指す年を迎えたといってもいい。また、ここ2~3年がそろばん教育の完全復活を果たす正念場だとも認識している。

■年頭に当たり、珠算界の活動理念・・・進むべき進路・軌道・・・を今一度明らかにしておきたいと思う。① 技術立国として生きるには、そろばん力が国際競争力のカギ ② 数学に根ざす論理的思考が実社会では大きな財産 ③ 数学はものを考える基礎訓練になり、あらゆる職業に役立つ素養 ④ 珠算学習で計算力向上を計り、考える力や先を見通す力を合わせて確保  これらの実現に貢献することでの社会的評価獲得が活動理念であると考えている。

■次に、珠算界に求められる活動方向については、① 文科省のそろばん理解度向上 ② 学校サイドとの連携強化 ③ 珠算の学術的研究推進  の3つに集約されると思われる。そして、珠算人が、指導現場で目指すべき指導の具体的目標は、① 子供力の向上 ② 子供たちの基礎力再構築 ③子供たちの規律の確保 ④ 彼らの耐力・持久力・集中力強化 ⑤ 子供たちに強力な暗算力授与  の5つにまとめられると考えている。

■今、珠算界全体が、上記の活動理念、活動方向、指導目標を明確にして、時流に乗った珠算教育の強化を図り、若人たちの質の高い人間作りに貢献できれば、珠算の評価が一段と高まることは必定と考えている。

■当面の珠算教育強化は、尼崎市計算特区の実験指導の成功と、学校支援珠算指導活動の長期的遂行を軸にして展開することが理にかなった戦術と理解している。珠算人の英知を結集し、エネルギーを集中投入して、流れを作りながら成果を求めて活動していく・・・・このことが年頭にあたっての“一年の計”である。    

|

2006年11月19日 (日)

No.36 ラトヴィア共和国からの留学生が入門 from Latvia

Alex ■ラトヴィア共和国のAleksandrs Groms アレクサンドロズ・グロムズさん(20歳男性)が11月18日外国人講座に入門した。Latviaラトヴィア共和国はバルト三国の一つで、バルト海沿岸にあり、1940年ソ連邦に併合。91年ソ連解体前に独立。首都はリガ。酪農が盛ん。面積6万4千平方キロメートル。人口250万人。言語はラトヴィア語。

■アレックスはアイルランドのダブリン大学に留学し、目下3回生に在学中。選抜されて10月から神戸大学に1年間の留学生として来日。神戸大学生として研究生活が始まったところ。

■1年間の国際留学生にはtutorという生活指導教官が付けられるのが神戸大学のスタイルで、外国人講座のメンバーのファビオ(ブラジル人)さんがたまたまその任に当たっている。ファビオさんは神戸大学大学院のM1生で、過日の日商珠算能力検定の3級に見事合格していて、そろばんの良さをアレックスに伝えたことから今回の入門につながった。

■ラトヴィアからの入門生は初めてで、75カ国目の国になり、867人目の入門生ということになる。現在、ラトヴィアの近隣国スエーデンからは3人の入門生があり、地球の裏側からのお客様を迎え、緊張感と期待感が高まっている。心を込めて丁寧にそろばんを伝えていきたいと考えている。

|

2006年11月18日 (土)

No.35 ダニエル・クリスチャン二つ目のマスターに挑戦中 from Tennessee

Daniel ■Daniel Leland Christianはアメリカ・テネシー州出身の研究者。1996年5月にオースティン・ピー州立大学を卒業。1995年9月~12月の間関西外大に交換語学留学。2005年7月オースティン・ピー州立大学経営学部経営管理学科修士課程卒業。2005年9月メンフィス大学国際ビジネス管理(IMBA)修士課程入学(在学中)。

■専攻は声楽。副専攻は数学、ピアノ。その間、1996年11月~1999年6月オースティン・ピー州立大学の、軍事訓練終了者のための政府による大学入学支援プログラムにおいて臨時数学インストラクター。1999年7月~2002年7月まで埼玉県立松伏高校英語教師(ALT)。

■日本語能力検定2級合格、ワープロ検定2級合格、漢字検定4級合格。趣味は、作曲、楽器演奏、茶道、華道、書道、陶芸、漆器、居合道、そろばん、水彩画、線描などと多彩を極めている。

■11月15日の朝7時から9時まで、異業種交流会のハロー会朝食勉強会に招かれてゲストスピーカーを務めたが、彼のキャリアと多才振りは参加の日本人メンバーを驚かせるに十分であった。活発な質疑で大いに盛り上がりをみせた。

■留学先の大阪経済大学からの修士課程インターンシップで、今は栗本鉄工でリサーチャーとして活躍している。8月から外国人講座に入門し、そろばんの練習にも意欲を示している。12月10日の検定試験で6級に挑戦することになっていて、合格証書を年末の帰国時のお土産にしたいと練習に励んでいる。

■お父さんはアメリカの大学で数学を教えており、お母さんも大学で英語を教える教育一家に生まれた彼は、これからは数学と音楽を軸にして、社会に貢献したいと考えている。日本が第二の故郷と言い切る彼は、日本で学んだレッスンを次の表現で表わしている。Each drop has little force, but together with many drops create a strong waterfall.

|

2006年11月 7日 (火)

No.34 日本珠算連盟名古屋支部:創立60周年を寿ぐ in Nagoya

1151572_img日本珠算連盟名古屋支部は今年で創立60周年となり、12月に記念パーティの開催を予定され、合わせて、60周年記念誌の刊行を来年2月に計画されている。昭和21年の創立以来営々と続けてこられた珠算教育の振興事業を通じて、地域の教育・産業・経済の発展に多くの貢献をされてこられたことに、心から祝意と敬意を表したいと思う。今後ますますの発展と弥栄をお祈りする。

■60周年記念誌に寄せたお祝いの文章をここに掲載させていただいた。

■ご祝辞

日本珠算連盟名古屋支部が創立60周年をお迎えになられたことを心からお祝い申し上げます。

いま、珠算教育強化を目指す戦いの戦況は、きわめて良好な状況にあると言って過言ではありません。同時に、一方では、そろばん復権の大きな流れが出来上がりつつあると言う事実があります。おそらくここ2~3年がそろばん復活を果たす正念場だと判断されます。

このような状況下での珠算界の活動理念・・進むべき進路・軌道・・を明らかにしておくことは大事な作業であると思われます。①技術立国として生きるには、ソロバン力が国際競争力のカギ、②数学に根ざす論理的思考が実社会では大きな財産、③数学はものを考える基礎訓練になり、あらゆる職業に役立つ素養、④珠算学習で計算力向上を計り、考える力や先を見通す力を合わせて確保・・これらの実現に貢献することでの社会的評価獲得が活動理念であると考えられます。

次に、珠算界に求められる活動方向については、①文科省のそろばん理解度向上、②学校サイドとの連携強化、③珠算の学術的研究推進・・に集約されると思われます。

そして、珠算人が、指導現場で目指すべき指導の具体的目標は、①子供力の向上、②子供たちの基礎力再構築、③子供たちの規律の確立、④彼らの耐力・持久力・集中力強化、⑤子供たちに強力な暗算力の確保・・の5つにまとめられると考えられます。

今、珠算界全体が英知を集め、上記の活動理念、活動方向、指導目標を明確にして、時流に乗った珠算教育の強化を図り、若人たちの質の高い人間作りに貢献できれば、珠算の評価が一段と高まること必定といえます。

貴支部が、創立60周年を機にますますの発展を果たされ、高い社会的評価を得られることを祈念し、ご祝辞といたします。

|

2006年11月 6日 (月)

No.33 第6回珠算実践発表会in Sakai city

1151548_img ■11月5日、近畿珠算団体連合会のメインイベントである第6回珠算実践発表会が堺市で開催された。近畿各地からの190名の参加者で、盛り上がりを見せていた。

■堺珠算協会の会員を総動員しての運営で、会場は堺商工会議所・堺市産業振興センター(じばしん)に設営された。内容は、午前中がシンポジューム(10:30~12:15)、午後は、3つの口頭実践発表・ポスターセッション4テーマ・ビデオ発表1つの構成で、13:15~15:00までの研修であった。

■シンポは、河口、中谷、長谷の3先生がパネリストを務め、私がコーディネートを担当した。「教具・教材とは」がテーマで、内外の珍しい教具・教材が紹介され、それらの特色について議論を交わした。会場からはきわめて積極的に発言していただき、双方向の有効な論議が展開されたと思っている。教材も、ユニークなものが紹介されて、参会者の関心を得たのではと手ごたえを感じている。

■今回の発表会は、今までのスタイルを大きく変えて、いろんな形の発表を合わせて組み立てたことで、新鮮味と興味を持っていただけたのではないかと自負している。会場は設備がよく、広々とした空間の中で勉強してもらえたことと思っている。企画、準備、当日の運営には大きなエネルギーが投入されたと思われるが、成功裡に終了できたことで関係者、当事者の達成感は大きかったことと思っている。

■教具・教材の内容、体裁、活用法、価格、入手方法などについて、写真と文章でデータを一箇所に集中させて、データベース化したいと考えている。大珠協のHPか日珠連のHPを活用し、教材・教具についてのコラムを作り、検索できるようにしていきたいと思っている。実りの多いイベントであったことを喜び、長谷先生はじめ地元の先生方のご尽力に感謝申し上げたい。

|

2006年11月 4日 (土)

No.32 第二回大商学園分銅杯争奪近畿小中学生珠算競技大会:11月3日 in Toyonaka

1151575_img ■表記珠算競技大会が3日盛大に開催され、364名の選手が覇を競った。昨年の298名を大きく上回る参加者が集まり、レベルの高い戦いが展開された。今年は、体育館に会場を設営し、ゆったりとした座席配置になり、選手にとっては好条件下での競技展開が出来たと思っている。

■大会競技委員長の大西先生の采配の下に、一日がかりの大イベントが繰り広げられた。周到かつ完璧な準備と応接で、スケジュール通りに競技は進行し、大会運営のあり方に一つのエポックを画した。当日の来賓を代表して述べた祝辞を下記に記しておいた。

■祝辞

小泉さんからバトンを受けた安倍総理は、世界に誇れる美しい国造りを目標に掲げました。そして、総理は、立派な人間を作るための教育再生を最大の課題と位置づけています。

今日、皆さんが参加されたこの大会も、若い優秀な人材を育成することを目的に、学校側の熱意から昨年スタートいたしました。この競技会が、日本の国が目指す教育再生に側面から貢献するイベントであることから、学校サイドの先見の明に敬意を表したいと思います。

先日行われた文部科学省の調査で、日本の子供たちの持久力が過去最低水準に落ちたことが明らかにされました。中でも、粘り強くがんばる精神力が衰えていることが指摘されています。

しかし、今日参加の皆さんは長時間集中してそろばんの競技に耐えることができます。これは日ごろの厳しいそろばんのトレーニングの成果であろうと思います。

安倍首相は、目指す美しい国に、「文化・伝統を大切にする」と「規律を知る国」を加えています。伝統文化であるそろばんを規律正しく学習する皆さんは、これら二つの目標も見事にクリアしていると言って過言ではありません。

これらのことから、今日参加されている皆さんは、日本の国造りを支える大事な人材の卵であると確信しています。将来立派な人間に成長し、美しい国造りに貢献するという大きな夢を持ってこれからはますます精進してほしいと願っています。今日一日、ベストを尽くして頑張っていただくことを期待し祝辞といたします。

|

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »