トップページ | 2006年9月 »

2006年8月16日 (水)

No.8 いまが旬!全国連合(略称) in Japan

050417_145601 ■全国珠算教育団体連合会(全国連合)では、学校におけるそろばん教育の強化を目的として、文部科学省ほかの関係諸機関との意見交換を行い、そろばんに関する諸研究を行いながらデータの収集・蓄積を進めている。

■昭和40年10月16日に、日本珠算連盟と全国珠算教育連盟が「全国珠算教育強化促進連合」を発足させた。昭和47年4月に、全国珠算学校連盟が加入し、以降3団体で運営を行ってきた。会長職は、初代が稲垣儀一(日)、2代荒木 勲(全)、3代江崎真一(日)、4代高島久男(全)、5代白岩晋吾(学)、6代八文字敏宏(日)、7代賀藤榮治(全)の先生方が務めてきた。

■おおよそ10年ごとに行われる学習指導要領の改訂に向けての、研究、討議、各種説明、関係各方面との交渉を積み重ねてきた。組織に加盟している殆ど全部のそろばん指導者が、この団体を構成しているのが実態と考えられる。

■ここ2~3年のそろばん再評価の世論の中で、全国連合の重要度は大いに高まってきた。『たのしいそろばん』の発行、“学校支援珠算指導活動”の展開、教科書の出版会社との連携、関係諸機関との懇談、協議など、沢山の課題をクリアするために活動は活発に展開されている。

■毎年1月、5月、11月に、構成3団体の代表者(各5名)が集まり会合を開いてきた。その間、実務処理のために、委員会活動も行われている。各団体が持つエネルギー、知的蓄積財産、人材などを合同させながら効果的にそろばん教育強化の実効をあげることを基本方向として頑張っている。

|

2006年8月13日 (日)

No.7 「日本教育再生機構」に期待 in Tokyo

060813_155801 ■7月18日の新聞紙上で、「日本教育再生機構」が今秋発足することが明らかにされた。コーディネータ役には八木秀次高崎経済大教授(設立準備会代表)が予定され、27日に発足に向けての「考える会」が開かれた。9月中に役員や参加団体などを決め、10月下旬の正式発足を目指す予定を確認した。

■パーティでは、日本教育再生機構設立準備室代表の八木秀次氏を中心に3名の代表発起人が舞台に立ち、主催者を代表して、代表発起人の政治評論家、屋山太郎氏があいさつした。 安部晋三内閣官房長官、武部 勤自民党幹事長らからの祝電、メッセージも披露された。集いには約二百五十人が参加。伊藤隆・東大名誉教授、鍵山秀三郎・イエローハット相談役なども挨拶、提言を行った。

■日本教育再生機構の基本方針は、①学力低下対策と教員の資質向上②道徳教育の充実③歴史、国語、音楽など伝統文化の継承④家族の再興⑤教育団体のネットワーク化など。

■各種団体、小規模グループ、市民にも呼びかけし、ゆるやかな連合体を目指し、研究スタッフを充実させて、教育に関するシンクタンクの役割も目指すそうである。

■そろばん指導者の団体としても、基本方針の①、③、⑤には深いかかわりがあり、広い意味での参画を考えていくべきだと考えている。人間の基礎力の鍛錬は、そろばんのトレーニングでクリアできるし、そろばんの練習が青少年の人間作りに貢献できることなどをアピールし、この新しい運動の成果に役立つことが出来れば大きな喜びになる。

|

2006年8月12日 (土)

No.6 論文『珠算の将来』冊子に in Kyoto

1141437_img_1 ■昨今、そろばん教育に対する評価に大きな変化が現れてきた。マスメディアのそろばんに対する関心の強さがことのほか際立っていると思われる。これは、教育現場におけるそろばん指導の積み重ね効果と、今後のそろばん指導の展開に対する期待の大きさが、マスメディアの積極的なそろばん取材につながっているのだと考えている。

■マスメディアの論調には、“甦れ、読み書きそろばん”という思いが込められているように思える。世論、教育界、識者の、そろばん復活に期待する願いは大きいといっていい。

■このような状況の中で、今年の4月に、そろばんの実態、意義、価値を明らかにし、現代社会において、日本の伝統計算文化であるそろばんがいかに活用されるべきであるか、また、将来そろばんが置かれるであろう立場を考察する内容の研究論文を、京都大学大学院理学研究科教授上野健爾先生に書いていただいた。

■『珠算の将来』と題するこの論文では、そろばんの本質から書き起こし、そろばんの持つ特性、限界点、課題などについて極めて精細に論述されている。同時に、珠算界に対する提言も示されていて、未来のそろばん像をテーマに論議を行うときの貴重な材料として活用できるものだと思っている。

■約500年の間、日本の経済、文化、教育、産業の発展に、そろばんが寄与してきたことを考えるとき、これからの日本で、そろばんがいかなる貢献をなしうるのか、議論が沸きあがることを願っている。

|

2006年8月10日 (木)

No.5 TVとラジオとそろばん in Kinki

1141453_img ■近畿二府四県の珠算指導者が近畿珠算強化連合会を組織している。構成員は約1350名。毎年、全員が浄財を拠出し、TVの番組を提供してそろばんの理解を促進する運動を続けてきた。30秒のCMを作成し、週1回流す形態である。「日本昔ばなし」は提供番組の一つであった。

■今年からは、TVとラジオを組み合わせての展開に軌道修正した。第一弾は、7月から10月まで、第二弾は、1月と2月に展開予定。この第一弾は、MBS(毎日ラジオ)とABC(朝日ラジオ)でspotを流している。

■今回の特徴は、ABCラジオの「浦川康幸のとっておき情報」(月から金曜まで、13時25分~13時29分の帯番組)で、5日間そろばんの情報をトークで放送したことであった。

■浦川アナと川田アシスタントの絶妙の掛け合いで、毎回のそろばんの指導者とのトークは盛り上がり、良質のそろばん情報を提供できたと思っている。毎日4分という限られた枠内でのやりとりであったが、中身の濃い最新のそろばん事情が分かっていただけたのではないかと考えている。

■番組を聴かれたリスナーのお母さん方の多くは、子供さんにそろばんを習わせようと思われたに違いないと自負している。そろばん学習が、計算能力を高め、基礎力強化・子供力向上に役立つことになればこんなにうれしいことはない。

|

No.4 副読本「たのしいそろばん」 in Japan

1131399_img ■35年前から、全国の小学校で、算数科の副読本「たのしいそろばん」が使われている。府県によって違いがあるが、学校側からのリクエストに応じて提供する場合と、使用の有無にかかわらず送付する場合とがある。

■17年度の事例では、全国の23124校の小学校のうち、約3割の小学校に50万部の「たのしいそろばん」が配られている。3年生は約100万人だから、2人に一人の割合で配布されていることになる。

■時代の要請に応じて、柔軟に内容を改訂し、学習指導要領に沿った指導が行えるように編纂されている。最新のものは、イラストを多用しカラフルな内容になっている。なお、生徒用と教師用の2種類が用意されている。

■全国の主要な3つの珠算指導者の団体が全国珠算教育団体連合会を組織しているが、この団体が発行者になっている。この副読本は小学校に無料で配布されていて、文部科学省、教育委員会、学校から感謝されている。

■この副読本を使えば指導効率が上がるように作られているので、全小学校で活用してもらえるように願っている。

|

2006年8月 8日 (火)

No.3 小学校でのそろばん指導 in Osaka

1131302_img大阪府下のそろばんの指導者で構成されている各団体が、大阪珠算教育連合を組織しています。約800名の先生方が参加されている。

■この大阪連合(略称)が、平成12年度から、小学校の要請に応えて、プロのそろばんの先生を学校に派遣している。1日だけから6日間くらいの幅でそろばんを指導するのだが、子供たち、学校側、父兄たちから大いに喜ばれている。

■年毎に依頼校の数が増えている。初年度は53校、その後64→86→107→111→124校と増加してきた。大阪府下には1043校の小学校があるので、まだ1割強の学校への出向指導だが、3割くらいの比率にまで増やしていければと思っている。

■学校支援そろばん指導活動と呼ぶこのボランティア活動は、全国的にも展開されていて、17年度は全国の2381校(全国の小学校数:23124校)で指導が行われた。

■ゆとり教育の問題、学力低下現象への対応に、学校側も課題の多い状況が続いているが、そろばんの活用で基礎学力の獲得に役立てれば嬉しいことと思っている。

|

2006年8月 7日 (月)

No.2 5000年の歴史の国でそろばん指導 in Egypt

■5000年の歴史を持つアフリカ北東部の国エジプト出身の高校教師が、地元カイロでそろばんの指導を企画し、まもなくスタートするそうだ。

■アハメッド・エルネシリ(34歳)さんは、大阪教育大学の教員研修留学1131305_img 生として3月末まで在日していた1年間、(社)大阪珠算協会の「外国人のためのそろばん講座」でみっちりそろばんを学び、2月12日に行われた日本商工会議所珠算能力検定試験3級に見事合格。帰国後、カイロの高校に戻り数学を教えているあいだに、地元の子供たちに日本で習得した計算異文化そろばんを教え、伝えてやりたいと準備を進めてきたそうである。

■古代文明発祥の地で、エジプト人数学教師の手で、日本文化そろばんが指導され、地元の子供たちに伝えていかれることは嬉しいことと喜んでいる。教材の購入、カリキュラムの組み立てなどの面でのサポートをしていきたいと考えている。

■カイロにある日本大使館のニューズレター4ー5月号に、「My Success Trip with Soroban」というタイトルで、日本でのそろばん修行記を投稿し大きく取り上げられていた。

■遠いアラブの世界で、日本の計算文化そろばんが花開く日を待ちたいと思っている。

|

2006年8月 6日 (日)

No.1 今どきのそろばん事情 in Minatoku

News ■これから、ゆっくりと、「そろばんと日本人」、「そろばんのこれから」、「そろばんの役割」、「外国人とそろばん」などについて書き綴っていきたいと思っている。

■最近では、いろんな所でコンピュータが使われるようになった。小学校でも、教室にはコンピュータが置かれている。授業でも、いろんな場面で使われている。

■一方では、そろばんを塾で習う子供たちの数が増えている。そろばんの検定試験受験者数も増加してきた。

■いま、世間の人たちは、そろばんに何か新しい大事なものを感じ始めているのかも知れない。また、そろばんの評価にも、時代の変化に応じたアレンジが加えられ始めているのかも知れない。

■そろばんのいろんなことを見つめ直して、分かりやすくお伝えできればと願っている。

|

トップページ | 2006年9月 »